KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
$1 Billion Looking for a Home

ビル・ゲイツが声をかければ10億ドルは集まるが、投資先はあるのか?

ビル・ゲイツが率いる画期的クリーンエネルギーのための基金設立計画で困難となるのは、資金提供先を判断することだ。 by Nanette Byrnes2016.12.13

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは12月12日、画期的なクリーン・エネルギー・テクノロジーのために10億ドルの基金を設立すると発表した。

基金の設立者にはゲイツを始めとするテクノロジーやベンチャー・キャピタルの大物が名を連ねており「ブレイクスルー・エネルギー・ベンチャー(BEV)」計画が、10億ドルの資金集めに苦労することはないだろう。代表を務めるゲイツは電話で記者に対し、難しいのは投資すべき画期的プロジェクトを見つけることだ、と述べた。

「我々は状況を調べあげ、見過ごされているプロジェクトを見つけ出す必要があります。投資先は、我々が見出した素晴らしい企業に限られます」

基金は実に広大な範囲に及びそうだ。BEVは電気、農業、製造業、輸送、建築の5つのカテゴリーについて、次世代核融合エネルギーから家畜のメタンガス排出量の削減まで55の関心のある分野をリストアップしている。米国のような先進市場だけでなく、今後エネルギー需要の急速な伸びが予想される貧しい国々でも利用できそうな投資先を模索することになる。

どのプロジェクトに投資するかは、温室効果ガス排気量の削減と、今後20年間で見たとき投資 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント