KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
An Amazon Drone Has Delivered Its First Products to a Paying Customer

アマゾン初のドローン配達、利用可能なのは近所の二人だけ

アマゾン初の自律型航空配送は、ドローンテクノロジーの重要な前進だ。 by Jamie Condliffe2016.12.15

アマゾンは、同社初の商用ドローン宅配に成功した。アマゾンの航空配達便「プライム・エア(Prime Air)」は、スタント(人目を引くための行為)ではあるが、少なくとも現時点でテクノロジーが何かの役に立つ可能性があることを示している。

MIT Technology Reviewは以前からドローン宅配の実験に懐疑的な見方をしてきた。現時点のドローン宅配は技術的イタズラ(ギミック)の域を超えていない。限られた電池寿命とペイロード(貨物積載量)は、ブリトー(メキシコ料理の一種)ほどの大きさと重量までしか、アマゾンのドローンが配達できないことを意味する。

12月7日に配達され、12月14日に発表されたアマゾン初のドローン宅配は、配達可能な商品の意味ではニュース価値がない。ドローンは、アマゾンのFire TV Stick(動画サービスが見られるテレビ直づけの小さな装置)とポップコーン一袋を幸運な初の顧客に運んだだけだ。現時点で、実際にドローン宅配テストで配達したのは、合計2人(注意:入力ミスではない)のベータユーザーでしかない。

それでも、このニュースには価値がある。

確かに実現には長い時間がかかった。アマゾンのジェフ・ベゾスCEO …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント