KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
加州の2045年炭素中立化は実現可能、「バイオマス」にカギ
Photo by Andrew Johnson on Unsplash
気候変動/エネルギー 無料会員限定
Here’s how we could go carbon neutral in 25 years

加州の2045年炭素中立化は実現可能、「バイオマス」にカギ

2045年までに「カーボンニュートラル」を目指すカリフォルニア州の大胆な目標は、その実現性が疑問視されている。ローレンス・リバモア国立研究所の研究グループは、技術的には実現可能との見解を示した。 by James Temple2020.02.21

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は、任期満了を控えた2018年秋、世界第5位の経済規模であるカリフォルニア州が2045年までに「カーボンニュートラル(炭素中立)」となることを目標とする、大胆な気候変動対策の州知事命令に署名した。

カリフォルニア州は今後25年間で温室効果ガスを大気中から除去し、住民や企業が排出する量とのバランスを取る必要がある。

だが、カリフォルニア州やその他の主な経済地域が、気候変動を助長している温室効果ガスの増加を、今日存在する技術で実際に食い止められるのか疑問視する声も多い。これに対し、ローレンス・リバモア国立研究所の研究グループは、1月30日に発表した研究報告書で、実現可能との判断を示した。

ローレンス・リバモア国立研究所の二酸化炭素除去に関する研究プログラム「カーボン・イニシアチブ」の責任者で、研究報告書の共同執筆者であるロジャー・エインズは、「私たちには膨大な進展が必要です。スケールアップが必要なのです」と述べている。「しかし、新しいものを発明する必要はありません」。

エインズ責任者は、技術的な詳細は異なるものの、今日存在する手段で、ほとんどの国と主要地域も、カーボンニュートラルになれる可能性が高いと述べている。

電力部門から温室効果ガス排出量を削減する方法はすでにいくつか存在する。だが、経済活動の大部分において、温室効果ガス排出量を削減できる現実的な選択肢が存在していないことが、カリフォルニア州の目標を達成する上での大きな課題となっているのだ。たとえば、航空、海運、セメント生産業などがそうだ。あるいは家畜の牛や羊がげっぷと共に放出するメタンガスの対処法に、世界はいまだに頭を悩ませている。

したがって、2045年の期限に間に合わせるには、カリフ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る