KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
米大統領選:クリーンエネ予算4倍に、ピート・ブティジェッジ候補
Getty
持続可能エネルギー 無料会員限定
Pete Buttigieg $2 trillion climate plan is infeasible, but less so than most

米大統領選:クリーンエネ予算4倍に、ピート・ブティジェッジ候補

米民主党の大統領候補のピート・ブティジェッジは、今後10年間でクリーンエネルギーの研究開発のための連邦予算を4倍にするなど2兆ドルの気候計画を掲げている。一方で、水圧破砕法と原子力発電については他の候補より柔軟な姿勢を示し、大気中からの二酸化炭素除去の積極的な展開を支持している。 by James Temple2020.02.28

米民主党の大統領候補のピート・ブティジェッジは、気候分野で最も急進的な提案をしているわけではない。政府への支出要求として最高の金額や、温室効果ガス削減のための最も厳しいスケジュール、あるいは合衆国の発電量の大幅な拡大を求めているわけでもない。

インディアナ州サウスベンドの元市長であるブティジェッジ候補が訴える計画は、先を行くライバル候補が掲げているものよりもほぼ間違いなく実用的であり、野心的かつ慎重に設計されたものだ。計画は、迅速かつ安価な温室効果ガス排出削減に不可欠なテクノロジー群や、より広範な公衆および政治的支援の確保、少なくとも障壁を減らすための取り組みなどをその内容とする。

ブティジェッジ候補の2兆ドルの計画は、今後10年間でクリーンエネルギーの研究開発のための連邦予算を4倍にし、主に貧しい地域での関連インフラプロジェクトの建設に2500億ドルを拠出するというものだ。計画によると、貧困国が米国から輸入した技術を用いて、クリーンエネルギーと気候適応プロジェクトを構築することの支援にも同額を振り分ける。

ブティジェッジ候補は、米国をパリ気候協定に再び参加させ、化石燃料の補助金を廃止し、公有地で新しい石油とガスを掘削するリース契約を停止するつもりだ。さらに、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵プロジェクト、最新の送電線の税額控除を拡大するか、新たに設定する。

他の大統領候補であるエリザベス・ウォーレン上院議員とバーニー・サンダース上院議員とは異なり、ブティジェッジ候補は、天然ガスを掘削する際の水圧破砕法(フラッキング)を直ちに禁止することは求めていない。ペンシルベニアのような主要なガス産業のある激戦州で、賛否を分け、経済的にも損害を与えるであろう措置を回避する。一部のエネルギー …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る