KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
Obama’s Drilling Ban Is Just One of Many Forces Pushing the U.S. Toward Renewables

オバマ大統領、再生可能エネルギー促進のため油田の新規開発を禁止

化石燃料の復活させる計画をトランプ次期大統領が断念する可能性は低い。 by Jamie Condliffe2016.12.22

バラク・オバマ大統領は北極海と大西洋の米国領海内の大半で、石油やガスの新規掘削を禁止した。

ホワイトハウスは声明で「チュクチ海とボーフォート海のアメリカ領海の大半で、海底の油田とガスのリース取引を無期限に禁止する」という決定を発表した。この決定により、合計40万平方km以上の海底面積で化石燃料を掘削できなくなった。カナダのジャスティン・トルドー首相も同様の計画を発表しており、カナダ北極圏の領海全域がリース取引禁止区域に指定される。

決定の目的は、原油流出のリスクをなくし、地域社会や野生動物、科学研究のために領海の水質を維持することだ。しかし、決定のタイミングから見て、次期政権による掘削許可から北極海と米国領海を守ろうとするオバマ政権の企てであることは明らかだ。

実際、ドナルド・トランプはこの動きを歓迎しないだろう。トランプは、米国の石油生産量を増加させる意向を公言している。しかし、新大統領は、前大統領の決定を覆すのは困難だと知ることになる。オバマ大統領が利用した1953年制定の法律は、新たな海洋掘削や採掘権について、販売禁止や開発を阻止する権限を大統領に認めている。ところがこの古い法律には、決定を覆す条文がない。オバマ大統領の決定を無効にしたければ、トランプは裁判を起こすしかないのだ。

裁判に持ち込むより、次期政権にとって都合がよいのは、対立する米国内の政治勢力のどちらの側も、二酸化炭素排出量の削減を強力に支持していることを示す、最近発表されたレポートの内容を認めることかもしれない。イェール大学とジョージ・メイソン大学の研究によれば、有権者の70%は二酸化炭素排出量の制限を支持している。また、大多数の有権者は、米国内で再生可能エネルギーの発展を模索する考えも支持している。

調査のレポートだけが化石燃料からの転換を支持する理由ではない。テキサス大学オースティン校による最新の研究によれば、米国の3110郡のうち51%で、発電所を新設する最も安価な方法は風力発電と太陽光発電だとわかったのだ。42%の郡では、天然ガスの複合サイクル発電が最安な方法だ。

天然ガスは今後も採掘できるのは確かだ。しかし、エネルギー市場はすでに化石燃料からの転換が進んでおり、明らかな傾向として、再生可能エネルギー価格は一層低下すると期待されている。来月、トランプ新大統領が自身のビジョンを米国のエネルギー政策に組み込む際、こうした兆候にさほど関心を示しそうにないのが残念だ。

(関連記事:Science, “米で再生可能エネが本格普及 手段が目的化してないか?,” “Donald Trump’s “America-First Energy Plan” Shows He Knows Virtually Nothing About the Issue”)

人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. MITTR Emerging Technology Nite #19 「グリーン水素最前線」オンライン・イベント開催のご案内
  3. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  4. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  5. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
タグ
クレジット Photograph by David Ryder | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. MITTR Emerging Technology Nite #19 「グリーン水素最前線」オンライン・イベント開催のご案内
  3. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  4. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  5. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る