KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Turmoil at Troubled Fertility Company Ovascience

迷走中のオバサイエンス、不妊治療の画期的製品を縮小

バイオテクノロジーのパイオニア企業が、体外受精の卵子若返り計画を縮小した。 by Karen Weintraub2016.12.30

高齢女性の体外受精成功率を高め、不妊治療に革命を起こすと期待されたオバサイエンスが、主力製品を取り下げ、今年2度目の企業トップの交代を発表した。

MIT Technology Reviewは以前、オバサイエンスの生殖医療テクノロジーを取り巻く疑問点を取材した記事を掲載した。オバサイエンスは、妊娠率が工場する十分な証拠がないのに、2014年から自社のテクノロジーを米国外で販売していた。

オバサイエンスは先週発表された声明で、ハラルド・ストク最高経営責任者(CEO)が辞任し、ミシェル・ディプ共同創業者が暫定CEOに就任すると発表した。

広報担当のジェニファー・ビエラによると、ディプ暫定CEOはインタビューには応じられないという。また、最高執行責任者も退任し、人員を最大30%削減するという。

オバサイエンスは、学問的には確証のない卵前駆細胞に関わる技術を主力製品として、6年前に設立された。ボストン大学の研究者が、高齢女性の卵子を若返らせる「卵前駆」細胞を人間の卵巣内に発見したと主張したことがきっかけだ。女性の生殖年齢を延ばせると期待されていた。

革命的な将来性を期待され、オバサイエンスはウォール街で一時18億ドルの価値が付けられた。しかしその後、株価は長期にわたって下 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント