KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Tim Cook’s New Year’s Resolutions

ティム・クックCEOの
新年の抱負を妄想する

2017年、アップルのティム・クックCEOがしたはずの決意について、テクノロジーレビューのナネット・バーンズ上級編集者(ビジネス担当)が推測した。 by Nanette Byrnes2017.01.03

新年を迎えて、多くの人は今年はジムに通おうとか、無駄使いをやめようと決意する。しかし、時価総額で世界最高の企業のCEOには別の悩みがある。アップルのティム・クックCEOが2017年にどんな抱負を抱いたか、MIT Technology Reviewの昨年の記事から予測してみよう。

1. 中国で製造し続ける

ドナルド・トランプ次期大統領は、製造場所を米国に移転するようクックに求めたという。また、アップルからiPhone製造を受託しているフォックスコンは、米国への投資計画があるという。しかし、アップルが米国内でiPhoneを製造しそうにないもっともな理由がいくつかある。まず、最新のiPhoneの製造コストは649ドル以上で、米国内に製造を移転すると値段が大幅に上がることになる。また、ハーバード・ビジネス・スクールのウィリー・シウ教授によると、仮にアップルが米国内に製造を移転したくても、現在中国のスマートフォン製造業を構築している裾野の広いサプライチェーンと専門技術は、他の地域ではまず再現できないという。中国の電話メーカーの売り上げはアップルより多いが、「アップル」ブランドは中国国内で非常に強力だ。結局、生産を米国に移してもアップルは世界最大の中国市場におけるシェアを伸ばす(米国に製造拠点を移す経済合理性がない)のだ。

2.税理士との面会時間を増やす

米国の法人税率はトランプ政 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント