KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
ユビキタス
視野外を撮影できるカメラを中国の研究者が開発
New Single-Pixel Camera Can See Around Corners

中国の科学者が、カメラの前にないモノを撮影できるカメラを開発した。 by Emerging Technology from the arXiv2017.01.09

ここ数年間で、シングル・ピクセル・カメラ(1画素カメラ)は撮像分野に大変革をもたらしている。この反直感的デバイスは、レンズを使わず、液晶パネルなどでランダムにピンホールを作り、そこから入ってきた光をひとつの撮像素子で光を検出して高解像度画像を撮影する。レンズに起因する歪みがないので、画像全体がピントの合った状態になる。物理学者はシングル・ピクセル・カメラを使って動画を作ったり3D画像を制作したりしている。

ここでひとつ興味深い疑問が浮かんでくる。シングル・ピクセル・カメラは他に何ができるだろうか?

西安交通大学のバイ・ビン研究員のチームの成果より、この疑問の答えがひとつ見つかった。研究チームは見えないところまで撮影できるシングル・ピクセル・カメラを構築したのだ。「被写体」が直接視野内になくても撮影できる新装置だ。

手法としては、他のシングル・ピクセル・カメラに似ている。撮像素子はランダムに光を検出し、得られた光の強度を記録する処理を何千回も繰り返す。ランダム化により画像の生成が難しくなりそうだが、実際は逆だ。撮像素子が光を検出するたびにピンホールの位置をランダムに変えることで、光の強度はそ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント