KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
New Single-Pixel Camera Can See Around Corners

視野外を撮影できるカメラを中国の研究者が開発

中国の科学者が、カメラの前にないモノを撮影できるカメラを開発した。 by Emerging Technology from the arXiv2017.01.09

ここ数年間で、シングル・ピクセル・カメラ(1画素カメラ)は撮像分野に大変革をもたらしている。この反直感的デバイスは、レンズを使わず、液晶パネルなどでランダムにピンホールを作り、そこから入ってきた光をひとつの撮像素子で光を検出して高解像度画像を撮影する。レンズに起因する歪みがないので、画像全体がピントの合った状態になる。物理学者はシングル・ピクセル・カメラを使って動画を作ったり3D画像を制作したりしている。

ここでひとつ興味深い疑問が浮かんでくる。シングル・ピクセル・カメラは他に何ができるだろうか?

西安交通大学のバイ・ビン研究員のチームの成果より、この疑問の答えがひとつ見つかった。研究チームは見えないところまで撮影できるシングル・ピクセル・カメラを構築したのだ。「被写体」が直接視野内になくても撮影できる新装置だ。

手法としては、他のシングル・ピクセル・カメラに似ている。撮像素子はランダムに光を検出し、得られた光の強度を記録する処理を何千回も繰り返す。ランダム化により画像の生成が難しくなりそうだが、実際は逆だ。撮像素子が光を検出するたびにピンホールの位置をランダムに変えることで、光の強度はその都度変化する。このとき強度の違いはランダムではなく、撮像素子の前にある光景と相関しているはずだ。そこでデータを分析し、相関性を見つけることで、撮像素子がひとつしかなくても画像を生成できるのだ。さらに、収集するデータが多いほど、画像の質は高くなる。つまり、光の強度を何度も記録することで、高解像度の写真をひとつの撮像素子で作成できるわけだ。

同じ方法を使って、研究チームはカメラの視野外を撮影できた。物体から壁に散乱した光を利用して画像を生成したのだ。撮像素子は散乱光を記録するが、被写体はカメラから直接見えないところにある。

実験内容はシンプルだ。最初に、研究チームはおもちゃの飛行機にプロジェクターの光を照らす。プロジェクターからは撮影ごとに変化する四角いパターンがランダムに投影される。

飛行機は光を拡散させる白い撮影用の壁の横に置かれており、壁は飛行機が「視野」に入っていないカメラに向けて光を拡散する。撮像素子は壁から反射される光の強度を記録する。研究チームは撮影を約5万回繰り返し、最後にデータ分析アルゴリズムにより、全データを処理し、下にあるような飛行機の画像を作成した。

見事な成果だ。研究チームは「実験結果から、カメラが直接被写体を捉えていなくても、シングル・ピクセル・カメラなら拡散光により視界の外側にある物体を画像化できることがわかった」と記している。

画像には、飛行機がしっかり写っている。研究チームは、たとえばアルゴリズムの最適化や投影する光のランダムなドット・パターンを小さくするなど、もっと改良できるとしている。「ドットのパターンを小さくすれば、画像の解像度を高くできる」という。

5万回の撮影をどのくらいの時間で処理できるのかも意義のある疑問だ。画像全体のシャッタースピードがわかれば、「被写体」が動く場合でも撮影できるかがわかる。

中国の研究チームはこの装置の用途を特に提案してはいないが、どんな用途で使われるかは簡単に想像できる。シングル・ピクセル・カメラはサイズも小さく、簡単に作れるし、製造費もかからない。

さまざまな形で、シングル・ピクセル・カメラは近い将来、カメラの用途や撮影手法に大きな影響を与えるだろう。

参照:arxiv.org/abs/1612.07120: コンピューター・ゴースト画像処理でシングル・ピクセル・センサーによる視野外の撮影

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
エマージングテクノロジー フロム アーカイブ [Emerging Technology from the arXiv]米国版 寄稿者
Emerging Technology from the arXivは、最新の研究成果とPhysics arXivプリプリントサーバーに掲載されるテクノロジーを取り上げるコーネル大学図書館のサービスです。Physics arXiv Blogの一部として提供されています。 メールアドレス:KentuckyFC@arxivblog.com RSSフィード:Physics arXiv Blog RSS Feed
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る