KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Latest Driverless Cars Don’t Need a Programmer Either

AIが「交通ルールを破ってよい場合のルール」を強化学習で訓練中

コンピューターが囲碁のマスターで有効であった手法が、複雑な運転状況に対処する方法として、まもなく実車両でテストされようとしている。 by Will Knight2017.01.09

今までにはなかった自動運転車が数カ月以内に道路を走るようになるだろう。従来のほとんどの自動運転車は、遭遇する可能性がある状況に対応するようプログラムされているが、この自動車は違う。シミュレーションにより、事故が起こりうる場合に安全に対処する方法を自分で学習するのだ。

この自動車は、強化学習(動物が報酬とそれに至る行動を関連付けて学習することから着想を得ている)により、混雑した交差点、渋滞した幹線道路、すし詰めのロータリーなどを通り抜けるように学習する。

多くの自動車メーカーに車両安全システムを供給しているイスラエル企業のモービルアイ(Mobileye)は、先週ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で、ドイツの自動車メーカーBMW、半導体メーカーのインテルと共同で2017年下期にこの手法を路上で試験すると発表した。

強化学習では、人間はコンピューターの動作をプログラム・コードで記述したり、学習用の特定事例を与えたりしない。その代わり、ある結果を最も確実に導く行動の観点で、コンピューターは自分でプログラムを変更して実験する。自動運転の場合、学習目標は、安全かつスムー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント