1. 知性を宿す機械
    インテルが新AIチップ発表
    フェイスブックとの協業で
    エヌビディアに対抗
    インテルはCES 2019で、フェイスブックと共同で開発した新しい人工知能(AI)チップを発表した。「競合他社よりも高速」だという新チップで、AI分野で先行するエヌビディアを追う。 Will Knight8カ月前
  2. 知性を宿す機械
    中国と米国が、スーパーコンピューターの次のマイルストーンとなるエクサスケール・コンピューティングを実現しようと国の威信をかけた激しい競争を繰り広げている。エクサスケール・コンピューターの実現により、数多くの科学分野だけでなく、産業分野、軍事分野での大きな進歩が期待される。 Martin Giles14カ月前
  3. コネクティビティ
    メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
    チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。 Martin Giles2年前
  4. 知性を宿す機械
    現在の主流である超伝導回路を使うのとは異なる方式の量子コンピューターを、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの2つの研究チームがそれぞれ発表した。いずれも捕捉された原子を使う方式を採用しており、現時点での用途は限定されているが、超伝導を使う方式より規模の拡大に対応しやすい可能性があるとしている。 Will Knight2年前
  5. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)アプリケーション向けの専用チップを開発するスタートアップ企業が増えている。AIアプリの実行に特化することで、従来のチップよりも数倍から100倍程度の性能を達成するとしているが、大手との競合や市場の移り変わりに伴うリスクも指摘されている。 Martin Giles2年前
  6. 知性を宿す機械
    出遅れたインテル、量子チップ製造開始でトップに躍り出る
    量子コンピューティング開発競争に出遅れたインテルは、他社ではまねできない製造・実装技術を背景に、量子コンピューター用チップの製造を始めた。しかし、ライバルの追い上げも厳しく、グーグルは「量子超越性」をテストできるマシンを来年には開発する予定だ。 Will Knight2年前
  7. 知性を宿す機械
    世界を変え続ける
    イスラエル発のテクノロジー
    イスラエル発の数々のテクノロジーは、我々の知らないところで世界を変え続けてきた。現地で初の日本人スタートアップであるAniwoのCOO 植野氏が、イスラエル発イノベーションの過去と未来について語る。 植野 力2年前
  8. 知性を宿す機械
    インテルのモービルアイ買収目的は、強化学習とデータと人材
    インテルが153億ドルを払ってまで、自動車のマシン・ビジョンと機械学習を専門に扱うイスラエル企業モービルアイを買収したいのは、強化学習とデータと人材が目的と見て間違いない。 Will Knight3年前
  9. ビジネス・インパクト
    インテルはなぜモービルアイを150億ドルで買収するのか?
    インテルは、自動運転テクノロジーの主要企業であるモービルアイを150億ドルで買収すると発表した。当面の狙いはもちろん自動運転だが、モービルアイの強化学習には、他の産業で利用できる大きな可能性がある。 Jamie Condliffe3年前
  10. 知性を宿す機械
    MSがクラウド向けにARM採用で、インテルの支配力低下へ
    マイクロソフトがクラウドサービスAzure向けにARM製プロセッサーの採用を検討しており、実現すればインテルが市場の大半を握るサーバー市場のシェア低下は避けられない。ARMはソフトバンクに買収されて以来、対インテルを目的にしているとしか考えられない企業買収を続けており、インテルにはイノベーションが必要だ。 Jamie Condliffe3年前
  11. 知性を宿す機械
    AIが「交通ルールを破ってよい場合のルール」を強化学習で訓練中
    コンピューターが囲碁のマスターで有効であった手法が、複雑な運転状況に対処する方法として、まもなく実車両でテストされようとしている。 Will Knight3年前
  12. 知性を宿す機械
    インテル、シリコン製量子コンピューターの開発で前進
    インテルは、従来のコンピューターの処理能力を遙かに上回る量子コンピューターを、従来の技術の延長線上に実現しようとしている。 Tom Simonite3年前
  13. 知性を宿す機械
    アメリカの半導体産業は、有利な新戦略を編み出せるか?
    半導体産業の専門家による作業部会設置により、米国の半導体企業が海外の競争相手を打ち負かす新戦略を策定し、補助金をばらまいて米国の優位を維持しようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  14. コネクティビティ
    VRゴーグルは
    コードレスがいい
    パソコンと接続されていないと、VRの体験はずっとよくなる。 Tom Simonite3年前
  15. 知性を宿す機械
    インテルぶっ飛んでる
    失地回復へ本気の技術革新
    インテルが巻き返しをかけて、高速なデータストレージとレーザー内蔵半導体チップを発表した。 Tom Simonite3年前
  16. 知性を宿す機械
    孫正義の野望が見えた!
    ARM買収でインテル超え
    スマホ用プロセッサとして地位を固めたARMが狙うのは、インテルの牙城であるスパコン分野だ。 Jamie Condliffe3年前
  17. コネクティビティ
    インテルMS連合
    VRゴーグルを提供
    インテルの新型ヘッドセットは、VR世界に思わず手を突っ込みたくなる Tom Simonite3年前
  18. ビジネス・インパクト
    インテル巻き返してる
    深層学習チップ企業を買収
    インテルの買収によって、ナバーナは人工知能用半導体チップの設計を急ピッチで進める。 Tom Simonite3年前
  19. コネクティビティ
    米国「5G」戦略で
    映像ビジネスの覇権維持
    FCCが解放した広範囲の周波数帯と、先進的無線通信テクノロジーによって、かつてないほど高速なデータ通信時代が数年後には訪れる。 David Talbot3年前
  20. 知性を宿す機械
    ムーアの法則終了
    米半導体業界団体が認める
    あと5年でムーアの法則はそれ以上の微細化を進めるとコストが割に合わなくなるが、メーカーは別の方法で半導体基板を進化させようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  21. コネクティビティ
    ソフトバンクのARM買収で
    インテル困ってる
    日本の情報通信・インターネット企業のソフトバンクがARMの支配権を握ることは、世界中のモバイル機器だけでなく、IoTやスパコンの将来まで左右することになる。 Jamie Condliffe3年前