KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
「新型コロナで再定義される生活と価値観」オンライン開催のご案内
Technology Review Japan
イベント 各分野のキーパーソンとともにお届けするライブコンテンツ
MITTR Emerging Technology Nite #17

「新型コロナで再定義される生活と価値観」オンライン開催のご案内

新型コロナウィルス感染症のパンデミックによって、人々の生活や価値観はどうように変わるのか? MITテクノロジーレビューは6月22日、作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏をお迎えし、「新型コロナで再定義される人々の生活と価値観」を開催する。 by MIT Technology Review Event Producer2020.06.10Sponsored

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は人々の健康のみならず、経済や政治など人間社会に計り知れない影響を与えています。社会の根底となる「人々の価値観」を大きく揺るがし、収束後の変化を見通すことは困難になっています。緊急事態宣言は解除されたものの、未だ先行き不透明な状況を経て、人々の生活や価値観はどう変わるのでしょうか?

MITテクノロジーレビュー[日本版]が主催するEmerging Technology Nite の第17回となる今回は、インターネット・経済・社会・ライフスタイルに精通している作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんをゲストにお迎えしてオンラインで開催します。第1部では、「新型コロナ以後の人々の生活と価値観の変化」をテーマに佐々木さんにお話をいただきます。第2部では参加者からの質問を基に議論を広げていきます。モデレーターは角川アスキー総合研究所の遠藤 諭主席研究員が務めます。

※本イベントはオンライン開催となります。PC、タブレットなどを使ってご自宅からご参加ください。

■Emerging Technology Niteとは?
MITテクノロジーレビュー[日本版]が平日夜に開催するマンスリー・イベントです。最前線で活躍する研究者や起業家など有識者の方をお招きし、いま注目したいエマージング・テクノロジー(萌芽技術)や社会の最新動向をリアルの場でお届けします。

■登壇者紹介

佐々木 俊尚(ささき としなお)

作家・ジャーナリスト。
1961年兵庫県生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆・発信している。総務省情報通信白書編集委員。「時間とテクノロジー」「そして、暮らしは共同体になる。」「キュレーションの時代」など著書多数。Twitterのフォロワーは約78万人。


モデレーター:遠藤 諭(えんどう さとし)
株式会社角川アスキー総合研究所 主席研究員
1956年長岡市生まれ。1991年より『月刊アスキー』編集長。同社取締役などを経て2013年より現職。角川アスキー総研では、ネット・スマートフォン時代の消費行動に関する調査・コンサルティングを行っている。『AI白書2020』アドバイザー。著書に『計算機屋かく戦えり』、『ゼネラルパーパステクノロジー』(野口悠紀雄氏との共著)など。

MITTR Emerging Technology Nite #17 新型コロナで再定義される人々の生活と価値観
日時
2020年6月22日(月) 19:30〜21:15(19:20 受付開始)
定員
100人
(要事前申し込み)
場所
オンライン(ZoomとYouTube Liveを予定)
料金

無料

主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

19:30〜19:35 MITテクノロジーレビューからご挨拶
19:35〜20:35 佐々木俊尚氏ご講演(モデレータ:遠藤諭)
20:35〜21:00 質疑応答
21:00〜21:05 お知らせ / 終了

注意事項

※イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間は状況により変更する場合がございます。
※当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。
※キャンセルは開催日3日前の6/19までにPeatixから手続きください。
※イベント当日に接続の大きな問題があった場合には突如中断・終了する可能性がございます。ご了承ください。

申し込みページへ
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  3. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  4. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
タグ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
現在編集中です。
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  3. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  4. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る