KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
For $149 a Month, the Doctor Will See You as Often as You Want

富裕層向けハイテク医療サービス 月額149ドルで受診し放題

今風の内装、活動量計、サブスクリプション・モデルで、診察を変えようとする保健スタートアップ企業がある。 by Rachel Metz2017.01.18

病院というよりもアップルストアとジムと組み合わさせたような診察室を想像してみよう。白壁と木目を組み合わせた現代的な美しさがある室内には、目新しい電子機器とまばゆいほどのタッチ画面が並んでいる。月額払いで、何度診察を受けても構わない。

先週、サンフランシスコの保健衛生スタートアップ企業フォワードの取材で訪れたのは、同社が運営するそんな環境の新しい内科診療所(金融街にあり、開設は火曜日)だった。

フォワードは、高コレステロールや子宮頸がん検査、出発が迫る海外旅行のワクチン接種など、困った時に使える各種サービスを組み合わせ、さらに診療所と、ウェアラブル機器やスマホアプリから利用者が自宅にいる間のデータも収集する。自宅では、ウェアラブル機器やフォワードのスマホ向けアプリ経由でデータが集められる。診療所には薬局も併設されている。フォワードの医師が1回目に処方する薬はどれも無料だ。また、診療所で採血し、その場で素早く解析する血液検査サービスが付属しており、医師が受診者に持ち帰らせるウェアラブル機器も無料だ。ただし、健康保険は使えない。

創業者であるアドリアン・アウンCEOによると、フォワードは患者が医者にかかるときのあり方を変えたいという。ほとんどの人は、病気にかかったり、妙な発疹があったりした時だけ診察を予約する。しかし、年に1、2回医者に診てもらっても「その間も身体は健康の心配をしている」とアウンCEOはいう。フォワー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント