KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
英内務省、人種差別的なアルゴリズムによるビザ申請審査を中止
James Cridland / Flickr
The UK is dropping an immigration algorithm that critics say is racist

英内務省、人種差別的なアルゴリズムによるビザ申請審査を中止

英内務省は、アルゴリズムを用いたビザ申請審査システムの使用を中止すると発表した。人種差別的との批判が高まる中で、裁判所の判決を待たずに使用中止を決めたことは、大きな節目になる可能性がある。 by Will Douglas Heaven2020.08.07

英内務省が、人種的なバイアスがあると批判されているアルゴリズムを用いたビザ申請の審査を中止すると発表した。どの申請を迅速に手続きするかをアルゴリズムが国籍に基づいて決めることで、「裕福な白人の国出身の人が『迅速に搭乗』でき、より貧しい有色人種が列の後ろに押しやられる」システムになっていると批判を受けてきた。

英内務省はシステムに人種的なバイアスがあることを否定しており、訴訟は今も続いている。一方で同省はアルゴリズムの使用を中止することに同意し、無意識のバイアスを探す全面的な見直しを実施した後、再設計したバージョンを年内に再び立ち上げる計画だ。その間は、国籍を使用しない暫定版のシステムを導入する。

英国は2015年以来、赤、黄、青のリスクレベルを各申請者に割り当てる信号機のシステムでビザ申請をフィルターにかけていた。赤信号のリスクレベルが割り当てられた人は、より高い確率でビザを拒否されていた。

アルゴリズムは、制度的なバイアス、特に人種的なバイアスを強めてしまうことで知られている。それにもかかわらず、信用調査からビザ申請、公判前審問、警察活動に至るまで、さまざまな重要な決断を下すのにアルゴリズムを使うことがますます増えている。米国の移民制度にも人種的なバイアスがあるとの批判がある。だが、たいていの場合、このようなアルゴリズムの正確な仕組みを明らかにし、バイアスがある証拠を明示するのは困難だ。多くのアルゴリズムが独自のものであり、その使用が公に監視されることはほとんどないからだ。

それでも、批判は高まっている。米国では、いくつかの警察署が物議を醸した犯罪予測アルゴリズムの使用を中止しており、テック企業はバイアスを含む顔認識テクノロジーの供給を停止している。2月には、オランダの裁判所が、ある人物が福祉詐欺や税金詐欺を働く可能性を予測するシステムは、マイノリティを不当に標的にするものだとして、違法判決を下した。英内務省が裁判所の判決を待たずにシステムを見直す決断をしたことは、大きな節目となる可能性がある。

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  4. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
ウィル・ダグラス・ヘブン [Will Douglas Heaven]米国版 AI担当上級編集者
AI担当上級編集者として、新研究や新トレンド、その背後にいる人々を取材しています。前職では、テクノロジーと政治に関するBBCのWebサイト「フューチャー・ナウ(Future Now)」の創刊編集長、ニュー・サイエンティスト(New Scientist)誌のテクノロジー統括編集長を務めていました。インペリアル・カレッジ・ロンドンでコンピュータサイエンスの博士号を取得しており、ロボット制御についての知識があります。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  4. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る