KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
Magazine Vol. 1 has now arrived

『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1』発売のお知らせ

MITテクノロジーレビュー[日本版]初の紙媒体となる『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issue』を発売した。 by MIT Technology Review Japan2020.09.10Sponsored

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、マガジン第一弾となるMITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issueを発売しました(電子版は9月17日発売)。

印刷版はお近くの大型書店やネット書店で、電子版は有名電子書籍ストアで購入できます。有料会員は、全文PDFをMITテクノロジーレビューの「マガジン」からダウンロード可能です。

アスキームック
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
AI Issue

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2020年9月10日(印刷版)/9月17日(電子版)
  • 判型:A4判/128ページ
  • 形態:ムック(雑誌扱い)
  • 発行:株式会社角川アスキー総合研究所
  • 発売:株式会社KADOKAWA
  • 雑誌コード:6369268/ISBN:9784049110517

 

MITテクノロジーレビュー[日本版]にとって初の紙媒体となる本号では、「2020年代のあたらしい指針」と題して、第三次人工知能(AI)ブームを総括。ポスト深層学習として期待される最新技術の動向分析から、諸外国における社会実装の先進事例、欧米を中心に議論されている倫理・ガバナンスの規制動向まで、2017年〜2020年3月にかけて日本版Webサイトに掲載された記事の中から、今後のAI戦略の指針となる特に価値ある記事を厳選して収録しました。

AI技術の開発に関わる研究機関やベンチャー企業、AIを利用した新規事業の創出や業務効率化に取り組む一般企業、AI政策の立案に関わる政府機関など、AIビジネスに関わるすべての方におすすめいたします。

マガジンの詳細・購入方法

https://www.technologyreview.jp/magazine/

 

Vol.1/Autumn 2020の主な収録記事

ジェフリー・ヒントン「30年間待ち続けた『深層学習の父』が描く夢」

深層学習の父と呼ばれるジェフリー・ヒントン博士は、いかにして「バック・プロパゲーション」というアイデアに至り、30年の時を経た現在、注目を浴びるようになったのか? 過去から現在、そして次のブレークスルーのアイデアまでをヒントン博士本人が語った2017年の貴重なインタビューです。

東京大学 松尾 豊教授「人工知能は世界と日本をどう変えたのか」

日本におけるAIブームの火付け役であり、深層学習研究の第一人者である東京大学の松尾 豊教授。この5年間の国内外のAI界の動きを総括するとともに、今企業が取り組むべき課題について伺いました。

イアン・グッドフェロー「人工知能に想像力を与えた男」

AI界において、ここ数年でもっとも大きな発明と呼ばれている「GAN(敵対的生成ネットワーク)」。現在はアップルの機械学習部門で活躍するイアン・グッドフェロー博士がGANの発明に至った舞台裏を詳報します。

早稲田大学 尾形哲也教授「人工知能とロボット工学の融合が切り開くもうひとつの未来」

これまで別々の学術領域として発展してきたロボット工学とAIが融合することで、どのような可能性が生まれるのか? ロボット大国・日本の活躍が期待される新分野を牽引する、早稲田大学の尾形哲也教授に伺いました。

刊行記念キャンペーンも実施中

本ムックの刊行を記念して、2020年9月30日までの期間中、日本版Webサイトでは特別キャンペーンを実施中です。期間中にサブスクリプション会員・年払いプラン(税別14,800円)を新規購読すると、『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issue』を1冊プレゼントいたします。ぜひこの機会に購読をご検討ください。
https://trjp-camp.studio.design/cp2020-autumn/

人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る