KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
Magazine Vol. 1 has now arrived

『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1』発売のお知らせ

MITテクノロジーレビュー[日本版]初の紙媒体となる『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issue』を発売した。 by MIT Technology Review Japan2020.09.10Promotion

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、マガジン第一弾となるMITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issueを発売しました(電子版は9月17日発売)。

印刷版はお近くの大型書店やネット書店で、電子版は有名電子書籍ストアで購入できます。有料会員は、全文PDFをMITテクノロジーレビューの「マガジン」からダウンロード可能です。

アスキームック
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
AI Issue

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2020年9月10日(印刷版)/9月17日(電子版)
  • 判型:A4判/128ページ
  • 形態:ムック(雑誌扱い)
  • 発行:株式会社角川アスキー総合研究所
  • 発売:株式会社KADOKAWA
  • 雑誌コード:6369268/ISBN:9784049110517

 

MITテクノロジーレビュー[日本版]にとって初の紙媒体となる本号では、「2020年代のあたらしい指針」と題して、第三次人工知能(AI)ブームを総括。ポスト深層学習として期待される最新技術の動向分析から、諸外国における社会実装の先進事例、欧米を中心に議論されている倫理・ガバナンスの規制動向まで、2017年〜2020年3月にかけて日本版Webサイトに掲載された記事の中から、今後のAI戦略の指針となる特に価値ある記事を厳選して収録しました。

AI技術の開発に関わる研究機関やベンチャー企業、AIを利用した新規事業の創出や業務効率化に取り組む一般企業、AI政策の立案に関わる政府機関など、AIビジネスに関わるすべての方におすすめいたします。

マガジンの詳細・購入方法

https://www.technologyreview.jp/magazine/

 

Vol.1/Autumn 2020の主な収録記事

ジェフリー・ヒントン「30年間待ち続けた『深層学習の父』が描く夢」

深層学習の父と呼ばれるジェフリー・ヒントン博士は、いかにして「バック・プロパゲーション」というアイデアに至り、30年の時を経た現在、注目を浴びるようになったのか? 過去から現在、そして次のブレークスルーのアイデアまでをヒントン博士本人が語った2017年の貴重なインタビューです。

東京大学 松尾 豊教授「人工知能は世界と日本をどう変えたのか」

日本におけるAIブームの火付け役であり、深層学習研究の第一人者である東京大学の松尾 豊教授。この5年間の国内外のAI界の動きを総括するとともに、今企業が取り組むべき課題について伺いました。

イアン・グッドフェロー「人工知能に想像力を与えた男」

AI界において、ここ数年でもっとも大きな発明と呼ばれている「GAN(敵対的生成ネットワーク)」。現在はアップルの機械学習部門で活躍するイアン・グッドフェロー博士がGANの発明に至った舞台裏を詳報します。

早稲田大学 尾形哲也教授「人工知能とロボット工学の融合が切り開くもうひとつの未来」

これまで別々の学術領域として発展してきたロボット工学とAIが融合することで、どのような可能性が生まれるのか? ロボット大国・日本の活躍が期待される新分野を牽引する、早稲田大学の尾形哲也教授に伺いました。

刊行記念キャンペーンも実施中

本ムックの刊行を記念して、2020年9月30日までの期間中、日本版Webサイトでは特別キャンペーンを実施中です。期間中にサブスクリプション会員・年払いプラン(税別14,800円)を新規購読すると、『MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020 AI Issue』を1冊プレゼントいたします。ぜひこの機会に購読をご検討ください。
https://trjp-camp.studio.design/cp2020-autumn/

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  3. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
  4. President Biden reveals the James Webb Space Telescope’s “poetic” first image of the universe ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の写真、130億年前の銀河も
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  3. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
  4. President Biden reveals the James Webb Space Telescope’s “poetic” first image of the universe ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の写真、130億年前の銀河も
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る