KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
TR
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
The deadline for IU35 Japan entries is approaching

Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る

MITテクノロジーレビュー[日本版]が主催する「Innovators Under 35 Japan」の応募・他薦の締切が10月末に迫っている。候補者の推薦、応募は公式サイトから受付中だ。 by MIT Technology Review Event Producer2020.10.26Promotion

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」(読み方:イノベーターズ・アンダー35)の日本版となるInnovators Under 35 Japanを開催中です。

10月31日まで、コンピューター/電子機器、ソフトウェア、輸送(宇宙開発)、インターネット、AI/ロボット工学の5分野において候補者を募集。また、第三者による推薦も受け付けています。

セルゲイ・ブリンやマーク・ザッカーバーグも過去に受賞

「Innovators Under 35」の第1回は1999年に始まり、マサチューセッツ工科大学(MIT)のキャンパスで毎年発表されるグローバル版に加えて、現在ではアジア、中国、欧州、インド、ラテンアメリカ、MENAのローカル版が各地域のパートナーのもと開催されています。過去には、Google共同創業者のセルゲイ・ブリン、Facebook共同創業者兼会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグも受賞するなど、国際的に高く評価されている権威あるアワードです。

初開催となる「Innovators Under 35 Japan 2020」では、コンピューター/電子機器、ソフトウェア、輸送(宇宙開発)、インターネット、AI/ロボット工学の5分野において、大学、企業、政府機関、非営利団体などに属する35歳未満の研究者、技術者、活動家、スタートアップ起業家を募集します。2021年1月に10名のイノベーターを選出・発表する予定です。

応募は10月31日まで、公式サイト(https://events.technologyreview.jp/iu35/)で受け付けています。対象は2020年10月1日時点で35歳未満(1985年10月2日以降に生まれた方)で、専用の応募フォームから応募者本人が応募する形となります。また、第三者による候補者の他薦も受け付けています。

国内トップの専門家が審査に参画

Innovators Under 35 Japanの選考プロセスには、各分野における国内トップクラスの研究者・専門家が審査員として参画。MITテクノロジーレビュー(グローバル)が定める世界共通基準に則り、最終的にはMITテクノロジーレビューが受賞者を決定します。

Innovators Under 35 Japan 2020審査員(敬称略)

■コンピューター/電子機器
西森秀稔(東京工業大学 科学技術創成研究院 特任教授)
村上憲郎(株式会社村上憲郎事務所 代表取締役)
渡辺美代子(科学技術振興機構 副理事)

■輸送(宇宙開発を含む)
森 正弥(デロイトトーマツコンサルティング合同会社/デロイトデジタル執行役員)
山崎直子 (宇宙飛行士)

■インターネット
夏野 剛(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
村井 純 ( 慶應義塾大学 教授)

■AI/ロボット工学
石黒 浩 (大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授(栄誉教授))
中島秀之(札幌市立大学 理事長・学長)

■ソフトウェア
坂村 健(東洋大学 情報連携学部(INIAD)学部長)
中島 聡 ( 一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ代表理事)

受賞者は、2021年1月に開催する予定の記念イベント「Innovators Under 35 Japan Summit」にて発表する予定です。受賞者はグローバル版のInnovators Under 35の候補者としてノミネートされるほか、MITテクノロジーレビューのWebサイトや雑誌誌面で活動内容を継続的に伝えていきます。

「Innovators Under 35」欧州における授賞イベント

 

MITテクノロジーレビューが考えるイノベーションとは、新しい技術の開発または既存の技術の創造的な応用によって、グローバルな課題に取り組むこと。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを紹介することが、「Innovators Under 35」の狙いです。

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、超少子高齢化と労働人口減少、社会インフラ老朽化など、多くの社会課題を抱える日本から、テクノロジーによる課題解決に貢献する人材を発掘し、世界へと発信していきたいと考えています。世界を変える意欲と才能あふれるイノベーターの応募をお待ちしています。

◆◆◆

「Innovators Under 35 Japan 2020」募集要項

応募期間

2020年9月1日〜2020年10月31日

募集分野

  • コンピューター/電子機器 :量子コンピューター、IoT機器、VR/AR機器、カメラ、ディスプレイ等。
  • ソフトウェア:OS、ミドルウェア、アプリケーション(スマホアプリ含む)、暗号技術等。
  • 輸送(宇宙開発) :人工衛星/宇宙船の開発・運用、宇宙探査、宇宙利用サービス、物流、ドローン等。
  • インターネット :インターネットを利用したサービス、Webサイト、および関連技術等。
  • AI/ロボット工学 :機械学習/深層学習などのAI技術、産業用/家庭用ロボット、自律運転車等。

応募対象

大学、企業、政府機関、非営利団体などに属する研究者、技術者、活動家、スタートアップ企業の起業家等。2020年10月1日時点で35歳未満(1985年10月2日以降に生まれた人)が対象となります。

応募方法

Innovators Under 35 Japan 2020 公式サイト内の応募フォームから応募者本人が応募。

※「情報提供フォーム」からの他薦も受け付けています。その場合も、最終的には本人による応募が必要です。

選考方法

MITテクノロジーレビュー(グローバル)が定める世界共通基準に則り、該当分野の国内の専門家(専門機関の研究者、大学教授など)が審査を実施。最終的にはMITテクノロジーレビューが決定。

選出人数

10人(予定)

Innovators Under 35 Japan 2020 公式サイト

https://events.technologyreview.jp/iu35/

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
タグ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
MITテクノロジーレビュー[日本版]が開催するイベント情報をお知らせします。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る