KADOKAWA Technology Review
×
謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
Bojun Wang, Jinchen Jiang, Qisheng Cui
ビジネス・インパクト 無料会員限定
We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy

謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに

短時間で極めて大きなエネルギーを放出する天文現象である高速電波バーストの発生源はこれまで謎とされてきたが、強い磁場を持つ中性子星である「マグネター」が関連している可能性が高いことが、電波及びX線による同時観測から明らかになった。 by Neel V. Patel2020.11.17

高速電波バースト(FRB:fast radio burst)は、天体物理学の中で最も不可解な謎の1つだ。高速電波バーストのパルスは持続時間が5ミリ秒未満だが、太陽が数日から数週間かけて放つエネルギーよりも多くのエネルギーを放出する。2001年に初めて観測(2007年に公表)されて以降、科学者は何十回も高速電波バーストを発見した。ほとんどは1度限りの信号だが、反復する場合もあり、一定周期で脈動するものもある。

しかし、高速電波バーストの正確な発生源が何であるのかは、ついぞ説明されていなかった。これまでに宇宙の特定の領域に局在していたバーストは5つのみで、それらはすべて天の川銀河の外側で発生したものだった。信号がはるか彼方からやって来る場合、発生源となる天体を見つけるのは非常に難しい。銀河や中性子星の衝突とする説が多いが、中には宇宙人のしわざとする説まである。

ネタバレとなってしまうが、高速電波バーストは宇宙人のしわざではない。11月4日付のネイチャー(Nature)誌に掲載された最新の2つの論文は、強い磁場を持つ中性子星、すなわち「マグネター」が高速電波バーストの発生源の1つであると強く示唆している。さらに、考えられていたよりはるかに多くの高速電波バーストが発生している可能性が高いことも示した。

マギル大学の天体物理学者でネイチャーの1つ目の論文の共同著者であるダニエル・ミチリ博士研究員は次のように述べる。「すべての高速電波バーストがマグネターから発生しているとは断定できませんが、マグネターが発生源だとするモデルは、ほぼ間違いないと考えています」。

4月28日、2つの望遠鏡が新たな高速電波バーストの信号を検出した。検出したのは「チャイム(CHIME:Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment、ブリティッシュコロンビア州にあるカナダ水素強度マッピング実験望遠鏡)」と「ステア2(STARE2:Survey for Transient Astronomical Radio Emission 2、カリフォルニア州からユタ州に配置された3つの小型無線アンテナ)」だ。「FRB 200428」と名付けられたこの信号は、太陽が30秒で放出するよりも多いエネルギーの電波を1ミリ秒で放出していた。

CHIMEが最初に高速電波バーストを検出したのは自然な成り行きだった。CHIMEは …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る