KADOKAWA Technology Review
×
4年後の米大統領選をさらに安全にする方法
AP Photo/Matt Slocum
コネクティビティ 無料会員限定
How to make the next election even more secure

4年後の米大統領選をさらに安全にする方法

新型コロナウイルスとデマの蔓延にもかかわらず、記録的な投票率となった2020年の大統領選挙は成功に終わった。だが、投票の自由、公平、安全を維持する努力がなければ、次の選挙の成功はないだろう。 by Patrick Howell O'Neill2020.12.17

この数日間、ペンシルベニア州やミシガン州などの激戦州の結果が続々と認定されてきている。トランプ大統領は、選挙結果の確定を次々と阻止しようとしたが失敗した。選挙結果の認定は続き、その後選挙人団の投票、次いで議会が公式にその投票結果を承認する(日本版注:12月14日、選挙人団による投票が実施され、バイデン候補の当選が認定された)。

このプロセスは、予定どおりの流れだ。実際のところ、2020年の大統領選挙は多くの点で成功だった。選挙権を持つ成人の65.5%が投票し、大統領選挙としては1900年以来最高という歴史的な投票率になった。その要因は複数あるが、1つには新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミック(世界的な流行)対応の一環である郵便投票の利用拡大が挙げられる。

史上初めて大勢の有権者が簡単に投票できる手段を手にし、歴史は郵便投票を試みる米国民たちがその制度の維持を要求していることを示している。郵便投票は、数十年にわたる独立研究が証明してきたように安全だ。だが、重要なのは安全性だけではない。完全性もまた重要なのだ。

投票方法の拡大

参政権の付与は、選挙の完全性において重要な要素だ。平日の1日、限定されたいくつかの場所で米国民が同時に投票をしなければならないのは最悪であり、投票先を検討する時間や投票方法に最大限の柔軟性があってこそ、有権者にとって最善の状態なのだ。

自動有権者登録や標準化された有権者データベースといった専門家が支持するアイデアは、どれも同じ目標に向かって進んでいる(日本版注:米国では居住地での有権者登録が必要)。すべての選挙権を持つ米国民が、永続的により投票しやすい環境を作ることだ。大半の先進国は、この問題に関して米国よりはるかに先行している。

紙によるトレース

特に接戦の場合、結果をいろいろな角度から照合できることも完全性の向上につながる。これに関して、紙に勝るものは …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る