KADOKAWA Technology Review
×
大統領選は終わっても、陰謀論は終わらない
AP
コネクティビティ 無料会員限定
The election is over, but voter fraud conspiracies aren’t going away

大統領選は終わっても、陰謀論は終わらない

大統領選挙の投票日から1カ月が経ち、政治的なデマや誤情報の量は減ってはいるものの、いまだ完全になくなったわけではない。くすぶり続ける「不正選挙」の不満は、民主主義への信頼を損ない、デマを利用した選挙運動の躍進を招く可能性がある。 by Abby Ohlheiser2020.12.14

2020年の大統領選挙における敗北を、陰謀論をあおって覆そうと試みたトランプ大統領の計画は、ジョー・バイデン候補が僅差で勝利した、ウィスコンシン、アリゾナ、ペンシルバニア、ミシガン、ネバダ、ジョージアの6つの州を対象にしたものだった。現在、この6つの州のすべてが、開票結果の公式な認定を済ませている。トランプ大統領の圧力による再集計によって、バイデン候補の得票数が逆に増えたことすらあった。

開票結果の確認と相関して、選挙に関するデマも減少している。だがメディア情報企業のジグナル・ラボ(Zignal Labs)によると、不正関連の主張は減ってはいるものの、すっかり消えてしまったわけではない。それどころか、いまだに広く共有されている状態だ。ジグナル・ラボが収集したソーシャルメディア、放送、従来型メディア、オンライン・サイトのデータベースには、不正選挙の訴えに関する言及が11月末から12月始めの7日間で190万件以上記録されている。さらに、右翼の大物や、ランド・ポール上院議員のツイートに見られるような政治家のツイートは、今でも数万件単位でシェアされている。次に、何が起こるのだろうか?

デマは消えない

「こうした社会的混乱が収まることはないと思います」とノースカロライナ大学図書館情報学部のフランチェスカ・トリポディ助教授は話す。むしろ、トランプ大統領の選挙を「盗まれた」という主張を信じる有権者は、今後数カ月のうちに「ますます、決意を強めて」行動を起こすだろうと言う。

シンクタンクのウィルソン・センター(Wilson Center)で特別研究員としてデマを研究するニーナ・ヤンコウィッチは、心配すべきなのは、選挙結果に異議を唱えるコンテンツの量だけではないと指摘する。ヤンコウィッチ研究員はむしろ、現在起こっていることが、トランプ大統領支持層の民主主義への見方への長期的な影響を懸念する。「この先長い間、民主主義のプロセスに対する信頼が低下することになるでしょう」とヤンコウィッチ研究員は言う。「こうした言説が永続化されてしまうと、今後トランプ支持者たちが民主的プロセスを信頼することは難しくなるでしょう」。

トランプ大統領は再選を逃したかもしれないが、自分たちの利益のために誤情報を利用した政治運動のすべてが、選挙で退けられたわけではない。ある著名なQアノン(QAnon)の推進者が …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る