KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
New FCC Chief Likes a Good Mega-Merger—Net Neutrality, Not So Much

FCC委員長指名で、トランプ政権の通信政策は大企業有利が確実

通信業界に関するトランプ大統領の政策は、企業重視、規制とプライバシー政策の緩和になりそうだ。 by Jamie Condliffe2017.01.25

ドナルド・トランプ大統領は米国連邦通信委員会の委員長にアジット・パイ委員を指名した。あまり驚くことではないが、以前ベライゾンで弁護士を務めていたパイ新委員長は現政権にふさわしい規制緩和、ネットワーク中立性の後退、厳格ではないプライバシー制度を好む人物だ。

パイ新委員長は、米国連邦通信委員会で、共和党指名の現職委員を務めている。FCCは伝統的に5人の委員のうちの2席を野党指名の人物に割り当てており、パイ委員は2012年に任命された。パイ新委員長は現任であるため、委員長就任に関して議会の承認は不要だ。

トランプ大統領同様、パイ新委員長はオバマ政権下で実施された規制に批判的だ。昨年暮れにパイ委員は、FCCは「芝刈り機のエンジンをかけて、投資やイノベーション、雇用機会の創出を阻害している規制を刈り取らなければならない」と述べた。

実際、パイ新委員長の評判は、大企業がやりたい放題できるようにする人物だ、ということのようだ。BBCの取材に対し、権利擁護団体フリー・プレスのクレイグ・アーロン代表は「パイ委員は常に巨大合併を好み、社会全体の保護政策を弱体化しようとしてきました」と述べた。

言うまでもなく、通信業界はすでにパイ委員の委員長 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント