1. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州で、2045年末までに州の電力を100%カーボンフリーとする法案が成立する。50%達成は比較的容易と見られているが、残り50%の達成ははるかに難しくコストがかかるとされており、エネルギー貯蔵システムへの大規模投資や送電インフラの拡張、新たな技術革新が必要になる可能性がある。 James Temple2年前
  2. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州議会で、米国西海岸各地に広がる送電網を統合する法案の検討が進められている。しかし、エネルギー政策の異なる他の州と契約を結ぶことで、カリフォルニア州がこれまで進めてきたクリーン・エネルギー政策が阻害されてしまう恐れがある。 James Temple2年前
  3. ビジネス・インパクト
    「米国は今もAI分野をリードしている」大統領補佐官語る
    トランプ政権でテクノロジーを担当するクラツィオス大統領副補佐官が「EmTech(エムテック)ネクスト」で登壇し、人工知能(AI)に対する米国政府の取り組みについて語った。同副補佐官によると、ホワイトハウスは外部にあまり知られない形で非常に積極的な政策を推進してきたという。 Will Knight2年前
  4. 知性を宿す機械
    AIでも「米国第一」、トランプ政権が発表したしょぼすぎる政策
    トランプ政権は5月10日、「AIに関する特別委員会」の発足を発表した。同政権はAI分野にも「アメリカ・ファースト」を貫き、AI研究を推進すると同時に社会への影響に備えるとしているが、他の施策との矛盾は明らかで、取り組み自体も他国に比べると小規模に思える。 Will Knight2年前
  5. 生命の再定義
    トップ不在、人員半減——停滞続くトランプ政権の科学技術行政
    トランプ大統領が科学顧問を指名しない期間は、歴代大統領の中で最長になった。これまで、ホワイトハウスの科学技術政策局は数多くの科学的な問題解決に関与してきた。科学顧問は経済顧問や安全保障担当と同じぐらい重要な役職だ。それにもかかわらず、トランプ政権にまだ指名の動きがないことに議員や科学者はいらだちを隠せない。 Emily Mullin3年前
  6. 生命の再定義
    「目をつけられたら終わり」
    アンチ科学政権下で萎縮する
    米国の生物学者たち
    遺伝子編集などの分野で、最近の生物学は目覚ましい進歩を遂げている。しかし、科学顧問の長期不在に象徴される「アンチ科学」のトランプ政権下で誤った関心を引くと、研究に制限をかけられかねないと研究者たちは恐れている。 Emily Mullin3年前
  7. 持続可能エネルギー
    オバマ政権で米国エネルギー省長官を務めたアーネスト・モニツMIT名誉教授は、クリーン・エネルギーの推進や核合意の実現といった実績を残した。だが、それらはトランプ政権によって厳しく批判され、攻撃されている。モニツ名誉教授が気候変動対策の意義と、トランプ政権による政策転換の危険性、そして次世代原子力発電に関する見通しを語った。 James Temple3年前
  8. ビジネス・インパクト
    政策決定に科学的助言は不要!トランプ政権の危機対応能力が危機
    ホワイトハウス科学技術政策局の科学を担当する部門は現在、完全に職員のいない状態になっている。トランプ大統領が科学顧問を持たずに国を治めようとしていることは、自身の政治的目標の実現だけでなく、危機に直面した時のホワイトハウスの対応能力にも支障をきたす可能性がある。 Mike Orcutt3年前
  9. ビジネス・インパクト
    IT企業トップをトランプ大統領が招集、グダグダ会議の中身
    アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのトップらがホワイトハウスに招集された。トランプ大統領は新たなインフラ構築やサービス開発への協力を要請したが、具体的な計画は見えてこない。 Jamie Condliffe3年前
  10. 持続可能エネルギー
    環境規制の緩和を目指すトランプ政権は、気候変動の経済的コストを過小評価することで、この評価値の無効化を狙っている。しかし、これまでと異なる評価値は、根拠がないとして提訴されるリスクもある。 James Temple3年前
  11. コネクティビティ
    【トランプ政権の100日】米国の科学技術政策はどうなるのか?
    トランプ政権誕生から100日以上過ぎ、米国の科学技術政策の方針は一部を除いて何もわからない状態が続いている。サイバー・セキュリティ、気候変動、インターネット・プライバシー、CRISPRについて検証する。 Mike Orcutt4年前
  12. コネクティビティ
    闇が深まる米国のインターネット・プライバシー
    ネット上のプライバシーに関して、トランプ政権は企業側のメリットを重視している。しかし、米国にはオンライン・プライバシーの包括的規制がなく、規制の後退で問題は置き去りにされている。 Mike Orcutt4年前
  13. コネクティビティ
    トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるのか?
    トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるだろうか? 死者や事故につながる攻撃に耐えてきたとはいえ、相次ぐ情報漏えいは、米国のサイバー戦争遂行能力に何が欠けているのかを浮き彫りにしている。 Mike Orcutt4年前
  14. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、初の予算提案で気候変動対策をぶち壊し
    トランプ政権は、初の予算案で気候変動を否定する姿勢を明確にした。環境保護庁の気候変動政策やARPA-Eのクリーン・エネルギー投資は中止、国連の気候変動プログラムへの拠出も打ち切りだ。 Jamie Condliffe4年前
  15. コネクティビティ
    外国人のついでにアメリカ人も監視する法律が年内期限切れ
    外国人を監視するついでにアメリカ人を監視する法律が年内に期限切れを迎える。再延長の議論とトランプ政権発足前に政権移行チームがロシア政府に接触していた問題が絡み、議論の行方が注目されている。 Mike Orcutt4年前
  16. ビジネス・インパクト
    グーグル、アップルはトランプ政権に反旗、IBM、シスコは沈黙
    トランプ政権によるイスラム系7カ国出身者の入国禁止令の即時停止を命じる仮処分に対して、グーグル、アップル等が移民労働者の必要を訴える意見書を裁判所に提出した。ただし、IBMやシスコ等、意見を表明したかった企業もある。 Michael Reilly4年前
  17. 生命の再定義
    トランプ政権、安全性のみの審査で医薬承認を迅速化?
    トランプ政権は、新薬承認の迅速化のため、薬の効果に関係なく、安全性だけの審査を主張している人物を規制当局の責任者にするかもしれない。薬の効果は、レストランガイドのように、民間任せでよい、と考えているのだ。 Emily Mullin4年前
  18. 持続可能エネルギー
    メキシコ国境に壁を作ると自動車由来の二酸化炭素排出量が減る
    壁は数百万トンの二酸化炭素を排出し、動植物の生態に深刻な影響を与える。一方、ガソリン価格が上昇すれば、自動車の使用回数が減り、二酸化炭素排出量を減らす効果も期待できる。 Jamie Condliffe4年前
  19. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、エネルギー政策で世論無視
    アメリカ人は、化石燃料より再生可能エネルギーを政策的に優先すべきと考えていることがピュー研究所の調査でわかった。しかし、新政権は、世論も市場環境も気候変動も完全に無視した方向に向かっている。 Michael Reilly4年前
  20. コネクティビティ
    FCC委員長指名で、トランプ政権の通信政策は大企業有利が確実
    通信業界に関するトランプ大統領の政策は、企業重視、規制とプライバシー政策の緩和になりそうだ。 Jamie Condliffe4年前
  21. コネクティビティ
    トランプ新大統領、ツイッター端末を取りあげられる
    ドナルド・トランプは、自分の古い携帯電話を、もっと安全な機器に取り替えるよう強制された。ツイートは、今よりもちょっと面倒になるかもしれない。 Jamie Condliffe4年前
  22. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、ホワイトハウス公式サイトから気候変動対策を削除
    ドナルド・トランプ大統領の就任直後、ホワイトハウスのWebサイトから気候変動とクリーン・エネルギーのページが削除された。 James Temple4年前
  23. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領には
    科学的思考が必要だ
    フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。 Mike Orcutt4年前
  24. 持続可能エネルギー
    オバマ大統領がサイエンス誌に寄稿「再生可能革命は不可逆」
    経済の実態の変化は、米国がすでに二酸化炭素排出量を減少させていることを意味するが、大統領はこのプロセスを加速するためにさらなる行動が必要だと話す。 Michael Reilly4年前
  25. ビジネス・インパクト
    アップル、インドに工場設立でトランプ次期大統領の意向はどうなる?
    トランプ次期大統領は、製造業をアメリカに取り戻そうとしているが、アップルがその考えに賛同しているかどうかはわからない。 Jamie Condliffe4年前
  26. 持続可能エネルギー
    気候条約に資金不足の恐れ
    ドナルド・トランプが気候変動対策で米国の関与を控えれば、パリ協定で合意された計画全体が崩壊する恐れがある。 Mike Orcutt4年前
  27. 持続可能エネルギー
    エネルギー省長官にペリー元知事内定は、どれくらいぶっ飛んだ話なのか?
    エネルギー省長官に内定したリック・ペリーは、気候変動懐疑派で、以前はエネルギー省を廃止するべきと主張していた。一方で、テキサス州知事時代には再生可能エネルギーを活性化させた人物でもある。 Jamie Condliffe4年前
  28. ビジネス・インパクト
    ソフトバンクとトランプ次期大統領の発表は、シリコンバレー幹部との会合の前哨戦
    ソフトバンクとフォックスコンはアメリカでの事業を拡大予定で、次期大統領は喜んで自分の手柄にする。 Jamie Condliffe4年前
  29. 持続可能エネルギー
    エネルギー政策で真逆になりかねない米欧
    EUが進めるエネルギー消費量の30%削減と石炭補助税の廃止は、米国の次期政権での環境政策とはかけ離れている。 Jamie Condliffe4年前
  30. ビジネス・インパクト
    製造業の雇用を取り戻すトランプ次期大統領の公約は、先進製造プロセスの現実を無視している。 Mark Muro4年前
  31. ビジネス・インパクト
    トランプ新政権で、Netflixなどの動画サービスに波乱の予感
    トランプ新政権で、米国連邦通信委員会(FCC)はオバマ政権のネットワーク中立性のルールを無視するか、ひっくり返す可能性が高い。 Mike Orcutt4年前
  32. 生命の再定義
    トランプ新政権で米国の医学生物学研究予算に大幅減の危機
    米国国立衛生研究所(NIH)への予算はこれまで両党の支持を受けてきたが、トランプはこの政府機関を指して「ひどい」といった。 Emily Mullin4年前
  33. 持続可能エネルギー
    トランプ政権は、炭鉱労働者の希望と地球の未来を粉砕する
    天然ガスが低価格で大量にある限り、次期大統領の規制改革で石炭産業が復活することはない。 James Temple4年前
  34. 持続可能エネルギー
    トランプ政権で雲行きが怪しい、温暖化対策、再生可能エネルギー政策
    米国によるパリ協定脱退、化石燃料の使用増はあり得る。 Jamie Condliffe4年前
  35. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領へ、テクノロジーに関する6つの質問
    テクノロジー政策に関して、次の指導者の詳細な姿勢はまだよくわからない。 Mike Orcutt4年前
  36. ビジネス・インパクト
    大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
    選挙関連の全ツイートのうち約20%は、ロボットアカウントだ。 Nanette Byrnes4年前
  37. ビジネス・インパクト
    トランプ候補を完全論破 適当なコスト計算をするな
    アメリカとメキシコの国境沿いに壁を作るのは賢い選択なのか、その費用は誰が払うのかという疑問はさておき、ドナルド・トランプ候補が公約に掲げている「壁」を、主張通りの費用で建設するのは不可能だ。 Konstantin Kakaes4年前
  38. コネクティビティ
    テレビ局対ネットメディア 米国初の本格的ネット選挙
    大統領候補による公開討論は党派主義ばかりが目立ち、ますます分裂が深まった。 Nanette Byrnes4年前
  39. 持続可能エネルギー
    トランプの環境政策は間抜け
    結果的にはクリントンも同じ
    米国では、共和党も民主党も、二酸化炭素排出量の削減を大統領選で扱うのをやめた。 Michael Reilly4年前
  40. ビジネス・インパクト
    ドナルド・トランプはアップルは米国内でiPhoneを製造するべきだと述べていた。2015年、MIT Technology Reviewは実際にそうしたとき、iPhoneの価格がどうなるか検証していた。 Konstantin Kakaes4年前