1. コネクティビティ
    ネットワーク中立性を守れ!
    全米にいま広がる4つの動き
    ブロードバンド企業を利するFCCの採決がインターネットの中立性を脅かしている。全米に広がりつつある草の根運動や議会の今後の動きから、ネット中立性規則復活へのシナリオを紹介する。 Martin Giles3年前
  2. コネクティビティ
    米国のテック業界が猛反発してきた「ネットワーク中立性」規則の廃止が12月14日、米国連邦通信委員会(FCC)で可決された。なぜテック業界が反対し、何が問題だったのか? MITテクノロジーレビューの記者が解説する。 Martin Giles3年前
  3. コネクティビティ
    鳴り止まない迷惑電話がなくなる日は来るのか?
    米国では自動営業電話の被害が深刻化している。政府は1年前から対策に乗り出しているが、問題解決には近づいていない。 Mike Orcutt3年前
  4. コネクティビティ
    テック業界は猛反発も、FCC「ネット中立性」規制廃止へ
    FCCのパイ委員長は、オバマ政権時代に制定されたネットワークの中立性規制がISPの投資を妨げていると主張。規制の廃止によって新興のコンテンツ事業者にとって不利な状況を生み出す恐れも出ている。 Mike Orcutt4年前
  5. ビジネス・インパクト
    新体制の米国連邦通信委員会がインターネットの公共インフラ扱いを停止したことに、通信政策の専門家であるハーバード大学法科大学院のスーザン・クロフォード教授が、どうすれば米国社会に高速インターネット・アクセスを普及できるかを説明している。 Elizabeth Woyke4年前
  6. ビジネス・インパクト
    トランプ政権が
    FCCの規制撤廃で
    通信事業者の土管化を阻止
    トランプ政権がネットワーク中立性を撤廃した場合、巨大ISPによる新たなビジネスモデル、映像ストリーミング・サービスが登場するだろう。ネットフリックスはかろうじて競争にとどまれるが、新興サービスは厳しいかもしれない。 Mike Orcutt4年前
  7. コネクティビティ
    FCC委員長指名で、トランプ政権の通信政策は大企業有利が確実
    通信業界に関するトランプ大統領の政策は、企業重視、規制とプライバシー政策の緩和になりそうだ。 Jamie Condliffe4年前
  8. コネクティビティ
    政権末期だからこそ、オバマ大統領が諦めない4つの技術政策
    米議会はトランプ就任までに政府による個人所有デバイスのデータアクセス権限について検討するつもりでいる。オバマ政権は最後に運輸やインターネット政策における課題を解決してホワイトハウスを去ることになる。 Mike Orcutt4年前
  9. ビジネス・インパクト
    トランプ新政権で、Netflixなどの動画サービスに波乱の予感
    トランプ新政権で、米国連邦通信委員会(FCC)はオバマ政権のネットワーク中立性のルールを無視するか、ひっくり返す可能性が高い。 Mike Orcutt4年前
  10. コネクティビティ
    ケーブルテレビの革新的未来
    保守的事業者に潰される
    米国の規制当局はセットトップボックスを廃止し、新たなエコシステムを構築することで加入者から徴収されるばく大な料金を抑えようとしたが、ケーブルテレビ事業者の巻き返しにより、ほとんど何も変わらないことになりそうだ。 Mike Orcutt4年前
  11. コネクティビティ
    実は利害が一致?
    通信事業者と迷惑電話
    違法な自動音声による勧誘電話を通信事業者は食い止められるだろうか。 Mike Orcutt4年前
  12. コネクティビティ
    米国で、田舎者と貧困街に
    インターネットは不要の判決
    非都市部や貧しい地域に自治体がインターネット接続を提供することを阻止しようとするケーブルテレビや通信事業者の動きに、テネシー州とノースカロライナ州が加わった。 Jamie Condliffe4年前
  13. コネクティビティ
    日本では総務省とNTTが
    裏で話している3つのこと
    クリントン政権になっても、トランプ政権になっても、整理されるべき米国の通信政策。 Mike Orcutt4年前
  14. コネクティビティ
    通信事業者任せで
    ネット接続は拡大しない
    20世紀初頭のアイデアとインフラを借りて、米国の非都市部は、ようやくインターネットに手に入れつつある。 Jamie Condliffe4年前