KADOKAWA Technology Review
×
2021年、「よりよいAI」を目指すための5つの提言
Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
Five ways to make AI a greater force for good in 2021

2021年、「よりよいAI」を目指すための5つの提言

予想外のパンデミックが世界を襲った2020年は、人工知能(AI)が社会に与えるさまざまな悪影響が明らかになった。一方で、好ましい動きもある。2021年に期待する5つの動きを紹介しよう。 by Karen Hao2021.01.18

1年前、2020年がどんな年になるか誰もわかっていなかった頃、筆者は人工知能(AI)コミュニティが直面している転換点について考察した。2018年には、自動運転車の衝突事故や差別的な人材採用AIなどの自動化技術に関する失敗が注目を浴びていた。それを受け、2019年はAI分野ではAI倫理についての議論が以前にも増して活発化していた。しかし、議論だけでは不十分であり、われわれはそれを目に見える形で実践しなければならないと筆者は述べた。ところが2カ月後、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界をシャットダウンした。

他人と物理的な距離を置き、あらゆる面でリモート化が進んだ新しい現実において、こうしたアルゴリズムの有害性は突然頂点に達した。今やハイアービュー(HireVue)の顔認識アルゴリズムや職場監視ツールなど、以前は珍しかったシステムが主流になりつつある。ほかにも、学生を監視し評価するツールなどがすぐさま登場している。8月には、大学入試において学生に試験を受けさせる代わりに、アルゴリズムを使って評価するという英国政府の取り組みの壮大な失敗を受け、数百人もの学生がロンドンに集い「アルゴリズムなんてクソくらえ」と声を上げた。数カ月後、別のアルゴリズムの大失敗を受け、スタンフォード大学に集まった抗議者たちも再び同じ掛け声を叫んだ。AIの説明責任について研究するデボラ・ラージーは、「『アルゴリズムなんてクソくらえ』は、2020年の戦いの叫び声になりつつありますね」とツイートした。

同時に、それ以上の動きもあった。ジョージ・フロイド殺害事件を受け、世界中で警察の暴力に対する抗議活動が勃発し、アマゾンやマイクロソフト、IBMは法執行機関への顔認識技術の販売を禁止または停止した。顔認識技術の持つ欠陥と、それらが差別的な結果をもたらすことを証明するため、研究者や公民権運動家が2年間にわたって繰り広げた闘争の成果だった。小さいながらも注目すべき変化もあった。世界最大級の人工知能(AI)カンファレンスである「神経情報処理システム(NeurIPS:Neural Information Processing Systems)」が初めて、研究者が論文を提出する際に倫理声明の提出を義務付けたことだ。

2021年が始まり、AIの影響力は社会的にも規制面でも以前よりも注目されている。筆者の新年の抱負は、こうしたAIの影響力を価値あるものにすることだ。2021年のAI分野への5つの期待を紹介しよう。

AI研究における企業の影響力を減らす

AI研究の方向性は、大手テック企業の強い影響を受けている。その結果、より大規模なデータやモデルを利用する方針を採る傾向にある。これが原因となって、複数の問題が生じる。AIの進歩による気候変動への影響が無視 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る