KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
ハッブル宇宙望遠鏡はあとどれくらいもつのか?
NASA
宇宙 無料会員限定
How much longer will the Hubble Space Telescope last?

ハッブル宇宙望遠鏡はあとどれくらいもつのか?

ハッブル宇宙望遠鏡は、打ち上げ当初の予想を大きく上回る約30年という長期間にわたり、天文学分野で成果をあげてきた。ハッブルはあとしばらくはもちそうだが、晩年を迎えていることは間違いなく、後継が決まらないまま動きが止まったら、天文コミュニティに「ハッブルロス」をもたらすだろう。 by Neel V. Patel2021.03.11

米国航空宇宙局(NASA)は3月7日に、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)がまたしてもセーフモードに入ったと報告した。「搭載されているソフトウェアのエラーによるものです」とNASAは説明している。ハッブルの科学システムは完全に無事ではあるものの、地上スタッフが問題を修正するまでは、科学的な運用はできない。NASAは具体的な異常や、その原因、解決策についての詳細を公表していない。

この事態は、おそれるに値しないものだろう。ハッブル宇宙望遠鏡のような宇宙船は、不測の事態が生じるとセーフモードに突入するものなのだ。セーフモードに突入すると、望遠鏡は目標の方向を向いてデータを収集するのをやめて、太陽光パネルを用いた充電に集中する。こうすることで、トラブルシューティングをよりシンプルかつシームレスに進められるのだ(様々な部品に影響を与えるようなソフトウェアの問題が起こっている場合は、特にこの方法が役に立つ)。ハッブルは、最近では2018年にセーフモードに入った。このときは、軌道上で姿勢を制御するために使われているジャイロスコープのうち2つに問題が発生していたが、ハッブルは問題を残すことなく、3週間以内に復帰を果たした。今回の問題も、修正可能なものであるはずだ。

しかし、3月7日の発表は、ハッブル宇宙望遠鏡の老朽化を改めて認識させるものであった。約30年という人々の予想を上回る長期間にわたって任に当たってきたハッブルは、晩年を迎えたといえる。この望遠鏡には、あとどれだけの時間が残されているのだろうか。そして、残された時間が尽きたとき、ハッブルはどうなるのだろうか。

老化しつつあるハッブル宇宙望遠鏡のハードウェアは、スペースシャトルの宇宙飛行士たちが2009年にメンテナンスしたのを最後に、直接的なメンテナンスはされていない。2009年の時点では、技術者たちは、おそらくハードウェアは2016年ごろまで持つだろうと予測していた。「様々な点で刷新された数年間の飛行の後、技術者たちは機器の耐久性と信頼性を再評価して、全てを先延ばしにし始めたのです」と、トム・ブラウン博士は語る。ブラウン博士はボルティモアにある宇宙望遠鏡科学研 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る