KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
Event Horizon Telescope
This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole

周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開

「イベント・ホライズン・テレスコープ」プロジェクトの科学者らは新たな画像を公開した。2019年に公開した超大質量ブラックホールの画像を鮮明化したもので、ブラックホールがどのように物質を吸い込んで成長するのかを解明するための手がかりとなるだろう。 by Neel V. Patel2021.03.26

天文学者たちの国際チームが、M87(メシエ87)銀河の中心にある超大質量ブラックホールの最新画像を公開した。歴史的な2019年の画像をさらに鮮明化した画像であり、今回は「モンスター」と呼ばれるこのブラックホールの磁力線をたどる偏光も示されている。

「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」プロジェクトは、2019年4月10日に歴史的な偉業を達成した。ブラックホールの画像を史上初めて公開したのだ。地球から5300万光年の距離にあるこの明るいオレンジ色の円は、四大陸のそれぞれに設置された8か所の電波観測所によって画像化された。これらの電波観測所のデータを組み合わせて解像度を上げることにより、M87の中心部まで見通すことができ、超大質量ブラックホールの「事象の地平線(イベント・ホライズン)」の周りに渦巻く超高温のガスや塵によって輝く光を垣間見ることも可能になった(事象の地平線とは、ブラックホールの重力が強大なため、そこを超えるとどんな光や物質も脱出できなくなる帰還不能点のことである)。

天文学者たちの国際チームは、『アストロフィジカル・ジャーナル(Astrophysical Journal)』誌に掲載された2件の最新研究で、保存しておいたデータを最初の画像に遡るまで調べ、超大質量ブラックホールの周りの偏光の動きを分析した。光の波は通常、さまざまな方向に振動しているが、磁場によって偏光し、振動面が一つの平面内に収まるようになる。偏光した光は事実上ブラックホールの磁力線をたどるため、2019年に披露された時にはぼやけて見えたドーナツが、より鮮明に画像化された。

磁場はブラックホールの周りの物質の動き方や渦巻き方を形成し、周囲の物質の吸い込み方やブラックホールの進化にも影響する可能性がある。磁場がどのように働き、時間とともにどう変化していくかを研究することで、ブラックホールの周りに降着する物質がどのように振る舞い、どのように影響を受けるのかをより深く理解できる。そうすれば、超大質量ブラックホールがどのように形成され、どのように成長するのかについて、より多くのことが理解できるようになるはずだ。

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  5. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  5. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る