KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円に。購読キャンペーン実施中!
誤差わずか数センチ、超高精度位置情報測位が世界を包囲する
Selman Design
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Hyper-accurate positioning is rolling out worldwide

誤差わずか数センチ、超高精度位置情報測位が世界を包囲する

人工衛星による位置情報測位システムは、人々の生活やビジネスを大きく変えてきた。今後、私たちは数センチメートルの精度で位置情報を得られるようになるだろう。 by Ling Xin2021.04.26

7月6日のことだった。中国南部・湖南省のドゥ・ファンミン家を、過去数十年で最大規模の地滑りが襲った。「家は倒壊し、飼っていたヤギたちは泥流に飲み込まれてしまいました」。ドゥは被災直後、中国メディアにこう語った。幸いにも、彼自身は難を逃れていた。最新鋭の測定が可能な高精度位置情報測位テクノロジーによる早期警戒情報のおかげで、他の32人の村人とともに避難していたからだ。

新たに完成した中国の全球測位衛星システムである「北斗」(ベイドゥ)と地上局を使う位置センサーは、中国全土の地滑りが発生しやすい地域の地表の微妙な変化を検出できる。数メートル以上の動きであればリアルタイムで検出でき、後処理をした場合の精度はミリメートル・レベルに達する。

つまり、シャープペンシルのペン先ほどの地上の変化を上空21000キロメートル以上から検知できるということだ。地滑りが起こる12日前、ドゥの村はデータの異常に言及した警戒情報を受け取った。大雨が数日降った後に地滑りが起こりやすくなる可能性を示すものだった。

湖南省の100以上の地区では、こうした災害監視と早期警戒システムを導入している。「もし、衛星を基盤にした位置情報システムの精度がまだ数メートルや数10センチメートルのレベルだったら、このサービスは提供できなかったでしょう」と話すのは、北京市にある中国科学院の航空宇宙情報研究所で長年、北斗の研究開発に取り組んできたユアン・ホンだ。

人々はかつてないほど、所在地を測定したり物体の位置を正確に示したりできるテクノロジーに頼るようになってきている。精密農業やドローン宅配、物流管理、ライドシェア、航空旅行などはすべて、宇宙から測定される高精度の位置検出技術に依存している。現在、一連のサービス展開と技術の向上により、世界で最も強力な中国の全地球測位システムは、数メートルから数センチメートルへとその精度を高めている。

この技術によって、スマホであなたが現在どの通りを歩いたり自転車で走ったりしているかだけでなく、通りのどちら側を移動しているかまでわかるようになるかもしれない。将来的には、そうした高精度の技術によって、自動運転車や配達ロボットが道路や歩道を安全に移動できるようになるだろう。

GPSは進化し続けている

テクノロジーが進歩するにつれ、GPSの精度も向上している。GPS衛星群において単一周波数で計測される宇宙内信号のエラーの統計的平 …

人工衛星による位置情報測位システムは、人々の生活やビジネスを大きく変えてきた。今後、私たちは数センチメートルの精度で位置情報を得られるようになるだろう。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る