KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Facebook Wants to Take Over TV

フェイスブック、広告枠が足りず、テレビ事業を本格化

動画シフトで売上絶好調のフェイスブックが映像事業を本格化させれば、行き着くところはテレビとの対決だ。テキストでは広告枠が足りず、売上拡大のためには、面ではなく、視聴時間の中に広告枠を増やしていくしかなくなっただ。 by Jamie Condliffe2017.02.03

長い間、フェイスブックは自分たちがメディア企業だと認めてこなかった。だが、明言こそしてはいないが、フェイスブックはテレビの座を奪おうとしており、メディア企業としての姿が見えてきた。

フェイスブックは、最近ずっと映像に力を入れている。まず、フェイスブックはユーザーのニュースフィード全体に大量の動画を浴びせかけた。次に、ライブ中継機能で友だちに映像をストリーミング配信しよう、と持ちかけてきた。さらに映像製作者に気前よく大金を払い、フェイスブック専用の作品を作らせた。

MIT Technology Reviewのティム・サイモナイト記者が以前の記事で指摘しているように、映像への傾斜は当然だ。フェイスブックは、ニュースフィードの枠が不足しつつあり、広告枠を増やせないことを認めている(これ以上表示すれば、ユーザーは広告が多すぎると思うはずだ)。しかし映像なら、フェイスブックは広告を差し込める。

そこでフェイスブックは、先週の発表により、長めの動画をニュースフィードに入れ込むと決定した。つまり長尺の動画なら、広告を差し込む余地が多くある、というわけだ。しかし、このニュースからは、もっと大きな構想も予見できる。フェイスブックは、単に動画に傾斜するのではなく、テレビの地位を乗っ取ろうとしているのだ。

2月1日、フェイスブックのマーク・ザッカーバー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント