KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円に。購読キャンペーン実施中!
輪番停電が常態化する南ア、再エネ独自調達に動くケープタウン
Nico Ortega
持続可能エネルギー 無料会員限定
Cape Town fights for energy independence

輪番停電が常態化する南ア、再エネ独自調達に動くケープタウン

南アフリカでは国営電力会社の設備老朽化により輪番停電が常態化している。ケープタウンなどのいくつかの都市は、再生可能エネルギー技術の進歩を追い風に、独自の電力供給体制を確立しようとしている。 by Joseph Dana2021.05.02

アフリカで最も工業化された国である南アフリカ共和国では、停電は生活の一部である。この10年間で、南アフリカの電力供給網はズタズタになり、信頼できる電力を供給できずにいた。再生可能エネルギーが安くなるにつれて、ケープタウンなどの南アフリカの都市は、独自の電力供給源を見つける権利を要求している。

南アフリカの電力問題の主な原因は、老朽化した国営電力会社エスコム(Eskom)にある。最重要社会基盤の修理のために充てられた国費を、長年にわたって杜撰に管理した末に、エスコムの発電所はフル稼働できないことが当たり前となった。その結果、1日2時間から6時間続く輪番停電(計画停電)が発生している。停電は経済に悲惨な影響を与え、2019年の損失は40億ドルから80億ドルと見積もられている。

解決策を見つけようと必死のケープタウンは2019年に、独立系の再生可能エネルギー発電事業者から電力を独自に購入する計画を発表した。これが可能になったのは、コストの低下と、再生可能エネルギー技術の急激な進歩のおかげである。アマゾンは最近、南アフリカの自社のデータセンターに電力を供給するため、独自の太陽光発電所を建設することを発表した。これにより、国の送電網の停電の影響を受けずにいられる。企業にできることが、なぜ市にできないのだろうか。

その理由は、複雑に絡む規制と制約から抜け出せずにいるからだ。南アフリカでは、鉱物資源エネルギー省(The Ministry of Mineral Resources and Energy)が、南アフリカ国家エネルギー規制局(National Energy Regulator of Sourth Africa:NERSA)と協議して、国民がどこでエネルギーを入手し、エネルギーがどのように販売され、どの供給源を使用してエネルギーを生み出すかを決める独占的な権限を持っている。実際のところ、この仕組みにより、国有の電力供給業者である …

南アフリカでは国営電力会社の設備老朽化により輪番停電が常態化している。ケープタウンなどのいくつかの都市は、再生可能エネルギー技術の進歩を追い風に、独自の電力供給体制を確立しようとしている。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る