KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
What if the Free Market Decided Whether or Not Drugs Work?

トランプ政権、安全性のみの審査で医薬承認を迅速化?

トランプ政権は、新薬承認の迅速化のため、薬の効果に関係なく、安全性だけの審査を主張している人物を規制当局の責任者にするかもしれない。薬の効果は、レストランガイドのように、民間任せでよい、と考えているのだ。 by Emily Mullin2017.02.06

先週火曜日の製薬業界幹部との会合で、ドナルド・トランプ大統領は米国食品医薬品局(FDA)が医薬品の認可を早めることを望むと述べた。

「認可の手続きをもっと速くするつもりです」とトランプ大統領は述べ、FDAの局長として「適任なある人物」に心当たりがあるという。

トランプ大統領が一体どうやって認可手続きを早めるかは定かではない。しかし、トランプに進言する一部の人間は、急進的な自由市場の考え方を信奉している。医薬品の善しあしはFDAではなく市場に決めさせればよいと考えているのだ。

たとえば12月にFDA局長候補に名前が上がったのはミスリル・キャピタル(ピーター・ティールの投資会社)のジム・オニール社長だ。オニール社長はリバタリアン(自由至上主義者)で、製薬会社は薬が本当に効くかではなく、安全かどうかだけを証明すればよいと考えていると語ったことがある。「そうすれば、自己責任で薬を使うでしょう」とオニール社長は2014年の講演で主張した。

アイデアとしては、ちょうどレストランや書籍、ソフトウェアのように、市場そのものが最良の医薬品を見極める方法を見出すだろう、ということだ。このアイデアは何年も、一部で、特にウォール・ストリート・ジャーナル紙の社説面では見かける主張だが、フォーブス誌はその主張がナンセンスである理由を指摘している。医薬品には、全く安全ではない製品が数多くある。薬効がリスクを上回るから提供されているに過ぎないのだ。

それでも、コンシューマー・レポート式(米国の …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント