KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
コネクティビティ Twitter Says It’s Trying Three Things to Combat Trolls

ツイッター、永久追放ユーザーの出戻り阻止等、荒らし対策を強化

ツイッターが荒らし対策強化を発表したが、荒らしを減らせばTwitterの活気は戻ってくるのだろうか? とはいえ、ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)を建前と一蹴する風潮への対策も必要だ。 by Rachel Metz2017.02.08

荒らし行為はTwitter上で多く発生しているが、ツイッターは7日、一部のユーザーによる継続的な嫌がらせに対処する変更点について説明した。変更によって、Twitterを永久追放になったユーザーの出戻りを防ぎ、Twitter内の検索結果に悪質なツイートが表示されないようにする。

ツイッターのエド・ホー(Ed Ho)エンジニアリング担当副社長はブログへの投稿で、Twitterを永久追放された人物が、不正行為のためにTwitterアカウントを新設できなくする措置を講じていると語った(ただし、ホー副社長は、具体的にどんな措置であるかには触れなかった)。ホー副社長は、ツイッターが「セーフサーチ」機能を提供することで、ブロックされてたりミュートされていたりするアカウントのつぶやきを「問題がある可能性のある内容」と同様に除外するという。また、ツイッターは「不正で下劣な可能性がある」返信を抽出し、タイムライン上で省略することで非表示にする、とも述べた。

「弊社は、表現の自由と、ユーザーがあらゆる話題のあらゆる側面を見ようと思えば見られることを支持します。不正と嫌がらせが多様な意見を抑圧し、沈黙させることは、危険な事態を招きます」とホー副社長はいう。

Twitterは、Facebookに比べてまだ小さい(19億ユーザーのFacebookに対して、Twitterにはたった3億3300万人の月間アクティブ・ユーザーしかいない)が、さまざまな憎悪に基づく攻撃の舞台になっている。その多くは、(ポリティカル・コレクトネス=政治的正しさを拒否した)ドナルド・トランプ大統領の政治的台頭と軌を一にしている。たとえば、米国最大のユダヤ人団体名誉毀損防止同盟(ADL)の最近の報告によれば、2015年8月から2016年7月までの間に、反ユダヤ的な言葉を含むツイートだけで260万件あり、2016年1月から7月までに「大幅な上昇」があった。

ツイッターは11月に「ミュート」機能を拡張し、ユーザーが見たくないアカウントを非表示にするだけでなく、通知で見たくない言葉やフレーズを選択できるようにした。さらに先週、ツイッターは、ユーザーが不愉快なつぶやきを報告する(報告者が被通報者にブロックされていてもよい)ことを許可することにした。

ツイッターのジャック・ドーシーCEOがTwitterは「全く新しい手法で嫌がらせに対処する」とツイートしてから1週間になるが、この変更は今後数日から数週間で展開されるだろう。ホー副社長は、Twitter上で横行している不正行為を厳しく取り締まるために、ツイッターは「昨年、十分に速く行動しなかった」とツイートで認めた。

人気の記事ランキング
  1. As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened ゴールドマン・サックス、 自動化でトレーダー大幅減 3割がエンジニアに
  2. Big Banks Study Blockchain Not For the Digital Currency But For the Distributed Ledger 巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
  3. Bitcoin Transactions Get Stranded as Cryptocurrency Maxes Out ビットコイン取引、暗号通貨が上限に達し行き詰まり
  4. Boston Dynamics Has a New “Nightmare-Inducing” Robot ボストン・ダイナミクス、恐怖の倉庫ロボを投資家向けに公開
  5. Data Mining Reveals the Rise of ISIS Propaganda on Twitter ISIS台頭の理由がTwitterデータマイニングで判明
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
レイチェル メッツ [Rachel Metz]米国版 モバイル担当上級編集者
MIT Technology Reviewのモバイル担当上級編集者。幅広い範囲のスタートアップを取材する一方、支局のあるサンフランシスコ周辺で手に入るガジェットのレビュー記事も執筆しています。テックイノベーションに強い関心があり、次に起きる大きなことは何か、いつも探しています。2012年の初めにMIT Technology Reviewに加わる前はAP通信でテクノロジー担当の記者を5年務め、アップル、アマゾン、eBayなどの企業を担当して、レビュー記事を執筆していました。また、フリーランス記者として、New York Times向けにテクノロジーや犯罪記事を書いていたこともあります。カリフォルニア州パロアルト育ちで、ヒューレット・パッカードやグーグルが日常の光景の一部になっていましたが、2003年まで、テック企業の取材はまったく興味がありませんでした。転機は、偶然にパロアルト合同学区の無線LANネットワークに重大なセキュリテイ上の問題があるネタを掴んだことで訪れました。生徒の心理状態をフルネームで記載した取り扱い注意情報を、Wi-Fi経由で誰でも読み取れたのです。MIT Technology Reviewの仕事が忙しくないときは、ベイエリアでサイクリングしています。
「ソーシャルネットワーク」の記事
人気の記事ランキング
  1. As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened ゴールドマン・サックス、 自動化でトレーダー大幅減 3割がエンジニアに
  2. Big Banks Study Blockchain Not For the Digital Currency But For the Distributed Ledger 巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
  3. Bitcoin Transactions Get Stranded as Cryptocurrency Maxes Out ビットコイン取引、暗号通貨が上限に達し行き詰まり
  4. Boston Dynamics Has a New “Nightmare-Inducing” Robot ボストン・ダイナミクス、恐怖の倉庫ロボを投資家向けに公開
  5. Data Mining Reveals the Rise of ISIS Propaganda on Twitter ISIS台頭の理由がTwitterデータマイニングで判明
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント