KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
トランシーバー・アプリ「ゼロ」はなぜ南アフリカで普及したのか
James Oatway/Getty Images
人間とテクノロジー 無料会員限定
How Zello keeps people in the loop during South Africa’s unrest

トランシーバー・アプリ「ゼロ」はなぜ南アフリカで普及したのか

音声でやりとりするスマホ向けのトランシーバー・アプリが、地域のコミュニケーション・アプリへと進化を遂げている。自然災害や暴動などの危機的状況下で頼れるアプリとしての地位を固めつつあるようだ。 by Tanya Basu2021.07.31

在任中の汚職を問われた南アフリカのジェイコブ・ズマ前大統領に6月29日、15カ月の禁錮刑が言い渡された。ズールー人として史上初めて国の最高権力者となったズマ前大統領は、熱心な支持者を抱える一方、経済の停滞や民主主義の弱体化の原因はズマ政権の腐敗にあるとの批判も多い。

ズマ前大統領は自身の無罪を主張し、79歳で刑務所に入ればそのまま死んでしまいかねないとして、7月7日まで出頭しかった。数時間のうちに、抗議行動や大規模な略奪が報じられ、特にズマ前大統領の出身地であるダーバンでは、支持者がズマ前大統領の屋敷の周りに陣取って警察に対抗する事態ともなった。この暴動により、少なくとも215名の死者と2500名以上の逮捕者が出ている。

アミス・ゴサイのような南アフリカ人にとって、現地で何が起きているのかを把握するのは難しいことだった。ワッツアップ(WhatsApp)のチャット欄は投稿であふれ、混乱の様相を呈していた。そんな中、ゴサイは地域コミュニティのワッツアップ・グループで、「ゼロ(Zello)」というアプリで近隣地域の自警団のようなものに参加するよう呼びかける投稿を目にした。トランシーバー・アプリであるゼロは、抗議活動のコミュニケーション・ツールとして急速に利用が広まっている。

ツイッターのDMで取材に応じたゴサイは、「ゼロは、地域住民への注意喚起や不安の解消にとても役立ちました」とコメントした。

https://twitter.com/Raylen_10/status/1414723403819462667

https://twitter.com/theshyapricot/status/1416254200804257793

ダーバン出身のゴサイは、ズマ前大統領逮捕の混乱を受けてゼロをダウンロードした18万人の1人だ。ゼロのユーザーはチャンネルに登録することで、互いに会話できる。音声ファイルがリアルタイムで送信され、チャンネルを聴いているすべての人が送信された音声ファイルにアクセスできる。

ゼロはも …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る