KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
マウスの脳神経回路を3Dマップ化、プリンストン大らが公開
Allen Institute
This is all the connections in a bit of mouse brain the size of a grain of sand

マウスの脳神経回路を3Dマップ化、プリンストン大らが公開

大脳皮質をリバースエンジニアリングして次世代AIの開発を目指す「MICrONS」プロジェクトが、マウスの脳内の神経のつながりを示す3Dマップを公開した。マウスの脳の構造は人間の脳と似ているため、知能の謎を解明するのに役立つかもしれない。 by Tatyana Woodall2021.08.10

神経科学者グループが、哺乳類の脳のこれまでで最も詳細な3Dマップを発表した。対象となったのはマウスで、脳の構造が人間とよく似ていることで知られている。

今回公開された3Dマップとマップ作成に使用されたデータセットには、マウスの脳内の砂粒ほどの大きさの領域に含まれる20万個以上のニューロンと、5億のニューロン同士のつながりが示されている。

今回の研究は、「MICrONS(Machine Intelligence from Cortical Networks、大脳皮質ネットワークからのマシン・インテリジェンス)」プログラムの一環として実施されたものだ。MICrONSは、哺乳類における計画や推論などの高次機能を担う脳の部分である大脳皮質をリバースエンジニアリングすることで、次世代の機械学習アルゴリズムの改善を目指している。アレン脳科学研究所、ベイラー医科大学、プリンストン大学を中心とした研究者コンソーシアムがデータを収集した。

MICrONSの主任科学者であるプリンストン大学のセバスチャン・スン教授(コンピューター科学/神経科学)は、「人間のインテリジェンス(知能)の謎を、大脳皮質の研究で解明できるのではないかと考える人もいます。そのため、神経科学の中でも神秘的で魅力的なテーマとなっています」と語る。脳についての研究が進めば、より人間に近い人工知能(AI)の実現につながるかもしれない。

今回のマップ作成プロジェクトは3段階構成で、5年がかりで実施された。第1段階では、生きているマウスの脳の活動状態を測定し、マウスが視覚情報を処理するときに活動する脳細胞を撮影した画像を7万枚以上作成した。次に、マウスの脳から小さな断片を切り取り、2万5000以上の極薄片に切り分けた。最後に、電子顕微鏡を使用して、各切片の高解像度画像を1億5000万枚以上撮影した。

これまで神経回路図として、ミバエやヒトの脳の「コネクトーム」が作成されてきた。MICrONSが高い評価を受けている理由の一つは、このデータセットが脳に対する科学者の理解を深め、脳障害の治療に役立つ可能性があることからだ。

ハーバード大学の分子細胞生物学教授で、マウスの神経活動を研究しているヴェンカテッシュ・マーシー(今回の研究には関与していない)は、今回のプロジェクトによって、それぞれのニューロンがどのようなやり取りをするのか俯瞰的に見渡すことができ、極めて高解像度の「静止画」を拡大して見られるようになったと語っている。

アレン人工知能研究所の上級研究員であり、MICrONSプロジェクトの主任研究員であるクレイ・リード博士は、今回の研究が完了する前は、神経回路をこれほど詳細に復元するのは不可能だと思っていたと言う。

リード博士は、機械学習によって、脳の2次元神経回路図を3次元モデルに変換するプロセスが飛躍的に向上したと言う。「非常に古い分野と新しいアプローチの組み合わせがおもしろいですね」。

リード博士は、他の人が使用できる基礎知識を提供するという点で、今回公開された新しい画像をヒトゲノムの最初のマップになぞらえる。これらの新しい画像によって、これまで見えなかった脳内の構造や関係性への理解が進むことを期待している。

「いろいろな意味で、これは始まりだと思っています」とリード博士は言う。「これらのデータとAIを利用して復元した神経回路の3Dマップは、インターネット接続とコンピューターを持っている人なら誰でも利用でき、脳について非常に幅広い疑問を調べられます」。

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
タチアナ・ウッドオール [Tatyana Woodall]米国版 新進ジャーナリスト・フェロー
MITテクノロジーレビューの新進ジャーナリスト・フェローとして、宇宙、生命工学、AI分野の取材を担当。MITテクノロジーレビューに参加する以前は、ニューヨーク・タイムズ学生ジャーナリズム研究所での執筆、WOSU-NPRでのラジオ番組制作などを経験。大学新聞の編集長として、スポーツ文化からメンタルヘルスまで幅広く取材した。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る