KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
主張:技術力に劣るタリバンがイノベーションで勝利した理由
AP Photo/Rahmat Gul
倫理/政策 無料会員限定
The Taliban, not the West, won Afghanistan’s technological war

主張:技術力に劣るタリバンがイノベーションで勝利した理由

カラシニコフ銃、弾薬、ラジオといったシンプルな装備しか持っていなかったタリバンが、宇宙からの監視をはじめとする世界一流のテクノロジーを利用でき、火力、装備、資金で優勢な西側諸国に勝利したのはなぜなのだろうか。 by Mike Martin2021.08.26

多くの犠牲者が出るにもかかわらず、あるいはだからこそ、戦争ではしばしばイノベーションが起こる。ナポレオン戦争によって缶詰がもたらされ、アメリカ南北戦争では潜水艦の開発が推進された。一方、第二次世界大戦は、複葉機、突撃する騎兵隊、荷馬車で始まったが、レーダー、V2ロケット、ジェット戦闘機、原子爆弾で終わった(おそらく最も重要なことは、英国政府の暗号学校が置かれたブレッチリー・パークでドイツの暗号が解読されたことによって、コンピューティング革命が始まったことだろう)。

勝者は、技術的に最も進んでいる側であるということのようだ。新たな発明は、軍隊が変化していく状況に適応することを可能にする。新たなシステムはターゲットを追跡するのに役立ち、新たな武器は以前よりも効率的に敵を粉砕できることを意味する。

しかし、アフガニスタンは違う。技術的な進歩はあった。例えば、ドローン戦の進化などだ。しかし、米国と同盟国による進歩は、かつて見られたものほど顕著ではなく、一部の専門家が主張するほど重大なものでもない。実際、一般に語られているのとは反対に、20年にわたる紛争の間に起こった技術の進歩は、実際には西側諸国よりもタリバンを助けてきた。戦争がイノベーションによって戦われるのであれば、勝者はタリバンだ。

どういうことだろうか。西側諸国は最初から最後まで、ほぼ同じ方法で戦争をした。2001年の最初の空爆は、B-52爆撃機(1955年に初就航した機種だ)で実施され、2021年8月には、由緒ある同じ機種の航空機で、米国の駐留の終わりを告げる攻撃がなされた。

一方、タリバンはいくつかの大きな飛躍を遂げた。タリバンは、AK-47自動小銃などのシンプルな従来型の武器で戦争を開始したが、現在では携帯電話やインターネットを駆使し、武器や指揮統制システムを改善するだけでなく、さらに重要なことに、戦略的なコミュニケーションや影響力を高める作戦を実行している。

このように、技術的進歩の迫力に欠け、偏っているのはなぜなのだろうか。

「生き残りをかけた戦争」対「選択的な戦争(降りられる戦争)」

タリバンにとって、アフガニスタンでの戦争は生き残りをかけたものである。NATO(北大西洋条約機構)諸国からの数十万の外国軍兵士に直面し、地上や空から追跡され、生き残るために適応しなければならなかった。戦闘装備の大部分はシンプルで維持しやすいものであり(多くの場合、カラシニコフ銃、弾薬、ラジオ、ヘッドスカーフ程度)、新たなテクノロジーを他の反政府組織から調達したり、独自に新たなテクノロジーを開発したりしなければならなかった。

重要な例の一つに、路上爆弾、または即席爆発装置(IED:Improvised Explosive Device)が挙げられる。これらの単純な兵器は、他のどの兵器よりも多く連合軍の死傷者を出した。もともとは地雷のように圧力板で作 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. AI can make you more creative—but it has limits 生成AIは人間の創造性を高めるか? 新研究で限界が明らかに
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Interview with Prof. Masayuki Ohzeki: The Future of Quantum Computer Commercialization and the Qualities of Innovators 量子技術を最速で社会へ、大関真之教授が考えるイノベーターの条件
  4. Robot-packed meals are coming to the frozen-food aisle 「手作業が早い」食品工場でもロボット化、盛り付け完璧に
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る