KADOKAWA Technology Review
×
世界最大級の貴重な脳のコレクション
Adam Voorhes & Robin Finlay
The world's largest collection of malformed brains

世界最大級の貴重な脳のコレクション

100個ほどのガラスびんの中には、精神科病院から寄贈された貴重な患者の脳が収められている。 by Robin Finlay2021.09.21

これらの人間の脳の断面は、かつて教育目的で使われていたものだ。2011年に写真家のアダム・ヴォーレスが初めてこのコレクションを訪れたときは、もう何十年も放置された状態だった。以下の画像は、ヴォーレスがアレックス・ハナフォードと共著で出版した脳についての書籍から抜粋したものだ。

ADAM VOORHES & ROBIN FINLAY

テキサス大学には、ヒトの異常な脳の標本を集めた世界最大級のコレクションがある。 100個ほどのガラスびんには、当時精神科病院だったオースティン州立病院の患者の脳が収められている。同病院の神経病理学者だったコールマン・ド・シェナーが1950年代から30年かけて収集したものだ。

ADAM VOORHES & ROBIN FINLAY

「ダウン症」というラベルが貼られたガラスびん(上右)には、複数の脳が、おそらく他の臓器とともに収められているように見える。多くのガラスびんにはラベルが無く、どのような人のものなのかはほとんど分かっていない。

通常は早期死亡につながることが多い神経障害である「滑脳症(かつのうしょう)」のような、明らかに異常な脳もいくつかある。また、表面的には正常に見えても、解剖すると腫れや出血が見られる脳も多い。このコレクションは、MRI(磁気共鳴画像)機器でスキャンされた。

ADAM VOORHES & ROBIN FINLAY

 

人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
robin.finlay [Robin Finlay]米国版
現在編集中です。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る