KADOKAWA Technology Review
×
地球温暖化抑止にはメタン削減が効果的、だがどうやって?
Getty
持続可能エネルギー 無料会員限定
Pulling methane out of the atmosphere could slow global warming—if we can figure out how to do it

地球温暖化抑止にはメタン削減が効果的、だがどうやって?

地球温暖化を食い止めるためは、大気中のメタンを削減することが効果的だとする論文が発表された。しかし、大気中からメタンを除去する技術は確立されておらず、当面は排出量を減らすことで対応する必要がある。 by Casey Crownhart2021.09.29

大気中からメタンを取り除くことで、今後数十年にわたって地球温暖化を遅らせることができる可能性がある。だが、それが本当に実現可能なのかどうか、研究者は依然として解明を試みている段階にある。

強力な温室効果ガスであるメタンは、天然ガスの採掘や農業などの人間活動によって、大気中濃度が産業革命前の2倍以上になっている。メタンの一部を大気中から除去したり、そもそも排出されないようにしたりするだけでは気候変動を止められないが、それでもメタン除去は今世紀における温暖化の最悪の影響を防ぐのに寄与する可能性がある。

9月27日に公開された新しい論文によると、大気中のメタンを40%削減することで、2050年までに温暖化を0.4℃抑えられるという。同日に公開された別の論文で、研究者らは可能性のあるアプローチの概略を示した計画を発表し、これまでほとんど研究室内に留まっていたメタン除去技術の研究をさらに進めるよう呼びかけている。

スタンフォード大学の研究者で、両研究論文の共著者であるロブ・ジャクソン教授は、「今後数十年間のピーク時の気温を下げるために、メタン除去以上に効果がある対策はないでしょう」と述べている。

メタンは温室効果ガスとしては比較的希少な物質で、例えばメタンの大気中の濃度は二酸化炭素の約200分の1だ。とはいえ、国連の気候変動に関する政府間パネル(ICPP:Intergovernmental Panel on Climate Change)が発表した最新の報告書によると、メタンはこれまでの地球温暖化による平均気温上昇の約30%、す …

地球温暖化を食い止めるためは、大気中のメタンを削減することが効果的だとする論文が発表された。しかし、大気中からメタンを除去する技術は確立されておらず、当面は排出量を減らすことで対応する必要がある。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る