KADOKAWA Technology Review
×
主張:史上初のドローン空爆から20年、そろそろ失敗を認める時だ
John Moore/Getty Images
コネクティビティ 無料会員限定
It's 20 years since the first drone strike. It's time to admit they've failed.

主張:史上初のドローン空爆から20年、そろそろ失敗を認める時だ

史上初のドローン空爆はその目的を達成できず、それから20年経った今も民間人が殺害されている。テクノロジーの失敗を認める時だ。 by Emran Feroz2021.10.11

8月中旬、タリバンがアフガニスタンの首都カブールを制圧した後、カラシニコフ銃を持った1人の黒ひげ男性が街に現れた。男性は引退した政治家を訪ねたり、首都の歴史的なプルエキシュティ(Pul-e-Khishti)モスクの金曜礼拝で説教をしたりした。しかし、熱心で、勝ち誇った様子の男性は、単なる何万人ものタリバン戦闘員の1人ではなかった。タリバン内の悪名高い軍事組織、ハッカーニ・ネットワークの有名な指導者、カリル・ウルラフマーン・ハッカーニだったのだ。

10年前、米国はハッカーニの首に500万ドルの賞金を懸けた。だから、なぜ今、彼がカブール周辺を大っぴらに動き回っているのか、その姿が諸説を生んだ。それどころか、タリバンは9月、ハッカーニをアフガニスタンの難民担当大臣に任命した。

しかし、ゴシップやオピニオン記事が述べなかった本当に驚くべきことは、ハッカーニが公の場に現れたことではなく、生存しているという事実だ。過去20年間、米軍は何度なくドローン空爆をして、彼を殺害したと考えられていたからだ。

ハッカーニが生きていることは明白だ。しかし、これは紛れもない問題を提起する。カリル・ウルラフマーン・ハッカーニが米国のドローン空爆で殺されなかったのなら、誰が死んだのか?

米国の国家安全保障当局の最高官によって慣行化された、いつもの当たり障りのない回答は「テロリスト」だ。しかし、米軍がアフガニスタンから撤退する最後の数日は、必ずしもそうではないことを示した。例えば、人々が密集したカブール空港にいた米軍への攻撃があった翌日、米国は首都カブールで「標的を絞った」ドローン空爆という反撃に出た。この反撃で殺された1家族10人、そのすべてが民間人だったことが後で明らかになった。犠牲者10人の内、1人はアフガニスタンで米国のために通訳として働き、特別移民ビザを持っていて、7人は子どもだった。この攻撃はバイデン政権が、当初、一般的な成功と述べた事例に合致しない。

この空爆はこれまでとは違った。何年もの間、米国の空からの作戦のほとんどは、遠隔地域の農村で実施され、事実確認はできず、現場に行ける人も多くないものだった。

しかし、今回はアフガニスタンの首都のど真ん中で起こった。

ジャーナリストや調査員は、現場を訪れることができた。つまり、米国が主張しているすべての事実確認が簡単にできたのだ。 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る