KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
MITテクノロジーレビューVol.5 読者モニター募集のお知らせ
TR
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
Magazine reviewers wanted vol5

MITテクノロジーレビューVol.5 読者モニター募集のお知らせ

MITテクノロジーレビューは、マガジン『MITテクノロジーレビュー[日本版]Vol.5』の発売を記念して、本書の感想をネット上で紹介してくれる読者モニターを募集いたします。 by MIT Technology Review Japan2021.11.12Promotion

MITテクノロジーレビューは、マガジン『MITテクノロジーレビュー[日本版]Vol.5』を11月15日に発売します。これを記念して、本書の感想をネット上で紹介してくれる読者モニターを募集いたします。読者モニターには本書を1冊、無料でお送りします。以下を確認の上、奮ってご応募ください。

■募集対象
・ブログ、SNS等、インターネット上での発信できる場をお持ちの方(プラットフォームは問いません)
・本書到着後30日以内に、本書の感想をネット上に書いていただける方(感想の文字数は問いません)
・感想を掲載後、該当のURLをご連絡いただける方

■注意事項
・MITテクノロジーレビューの会員資格の有無は問いません
・感想はポジティブな内容でなくても構いません。ご自身の言葉でお書きください
・感想には本モニタープログラムによって無償提供されたことを必ず明記ください
・発送は日本国内のみとなります
・古書店等への転売はご遠慮ください

■募集人数:10名(予定)
■募集期間:2021年11月17日23時59分
■応募方法:
以下のフォームからエントリーしてください。内容を確認の上、対象者にのみ、編集部から本をお送りします。送信された個人情報は本の発送にのみ使用し、それ以外には使用しません。

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る