KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
メタが明らかにした民間監視会社の実態、5万人が狙われていた
Getty
コンピューティング 無料会員限定
Facebook says 50,000 users were targeted by cyber mercenary firms in 2021

メタが明らかにした民間監視会社の実態、5万人が狙われていた

メタ(旧フェイスブック)の内部調査により、同社プラットフォーム上での民間企業による大量監視の実態が明らかとなった。同社は監視対象となっていたジャーナリストや人権擁護者、活動家など5万人に対し、注意を喚起している。 by Patrick Howell O'Neill2021.12.22

メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)が新たに公表した調査結果から、「傭兵スタイル」の民間の監視・ハッキンググループが、フェイスブックやインスタグラムを使って100カ国以上で5万人を監視していたことが判明した。

高度なデジタルツールを用いて人々の仕事や生活から情報を集める民間企業の存在は、しばらく前から知られていた。合法的な司法活動の一環と言える場合もあるが、法律面や倫理面で疑わしい事例も多い。サイバー監視業界は活況を呈しており、今では世界全体で数百の企業が存在している。にもかかわらず、民間の監視企業に関する公の議論では長い間、少数の企業や能力しか取り上げられていなかった。今回の調査については、12月16日の記者会見でメタの調査チームから詳細な説明があり、これまでにない規模で民間企業による大量監視が実行されている状況が示された。

「こうしたサイバー企業はしばしば、自社のサービスや監視ウェアは犯罪者やテロリストの追跡に特化したものだと主張します」と、フェイスブックのセキュリティポリシー責任者であるナサニエル・グライシャーは語った。「しかし当社の調査ならびに、独立の研究者や同業他社、各国政府による同様の調査では、無差別に監視対象が選ばれている実態が浮かび上がっています」。

「こうした企業が当社のプラットフォームなどで …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中!ひと月あたり1000円に
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る