KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
狙われる発電所、ウクライナは電力を守れるか
Emergency Situation Ministry via AP
気候変動/エネルギー 無料会員限定
How Ukraine could keep the lights on, as Russia attacks its power supplies

狙われる発電所、ウクライナは電力を守れるか

ロシアによるウクライナ侵攻で、ロシア軍は電力供給施設を標的にしている。ウクライナは国内の主要発電所が稼働停止した場合でも電力の供給を続けられるよう、EUとの送電網統合を急速に進めたい考えだ。 by James Temple2022.03.09

ロシアによるウクライナの都市、市民、最重要社会基盤に対する攻撃が激化する中、ウクライナの電力供給施設が老朽化し、孤立しているとの懸念すべき脆弱性が露呈している。

軍事侵攻開始と同時にウクライナは、ベラルーシとロシアの電力システムから切り離された。その結果、ほぼすべての電力を自前で発電しなければならなくなり、ウクライナは事実上、「エネルギー・アイランド」と化している。ウクライナは国の半分以上の電力を4基の原子力発電所からの供給に依存しているが、先週末には同国最大の原子力発電所が攻撃され、火災が発生。現在もロシア軍に占拠されており、原発事故発生への恐怖が広がっている。

3月6日、ウクライナの電力会社DTEKは、ウクライナのエネルギー・インフラ施設を標的とした「標的型破壊」をロシアが開始したと発表した。DTEKによると、北東部にあるアフトゥイルカの発電所が破壊され、ドネツク州の高圧変電所が攻撃を受けたという。

さらに、ロシア軍はキエフの水力発電所を制圧しており、ノバ・カホフカにある別の発電所も標的にしている模様だ。ロシア軍はまた、ルガンスク州の火力発電所を占拠し、ハリコフのガスパイプライン付近を砲撃した。さらに複数の主要都市で電気やその他の基本的インフラサービスの供給を停止させた。DTEKによると、マリウポリとキエフ地域では100万人近くが電気を使用できない状態にあるという。

こうした攻撃の激化により、ロシアがさらにウクライナの原子力発電施設や他の主要な電力施設を標的にするのではないか、との懸念が高まっている。環境シンクタンク「ブレークスルー研究所(Breakthrough Institute)」で核イノベーションを担当するアダム・スタイン部長は、エネルギー・システムへの攻撃は比較的小規模な標的にもかかわらず広範囲に損害をもたらすことができ、特に効果的な戦争戦術だと言う。

ウクライナの冬の凍てつくような寒さの中で、電力施設を狙った攻撃は致命的な影響を及ぼす可能性がある。天然ガスのパイプラインは無傷であったとしても、ポンプや暖房を動かすためには電気が必要だ。エ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る