KADOKAWA Technology Review
×
AudioMook: What was the gene-edited baby

聴くMITTR:遺伝子編集ベビー事件とはなんだったのか?

今週のオーディオ・ムック(β)は、遺伝子編集ベビー誕生の経緯を振り返るとともに、その問題点と科学界への影響について考える記事を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.05.18

世界初となる「遺伝子編集ベビー」の密かな誕生をMITテクノロジーレビューがスクープしてから3年半。中国の法令に違反して受精卵への遺伝子編集を実施したとして実刑判決を受けた元大学教員が今年4月、刑期を終えて出所した。元大学教員は当時、激しいバッシングにさらされたが、その後の調査では有名科学者らの関与も判明。元大学教員本人は「ノーベル賞受賞」を信じていたという。

今週のオーディオ・ムック(β)は、遺伝子編集ベビー誕生の経緯を振り返るとともに、その問題点と科学界への影響について考える。

MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。家事や運動をしながら、通勤しながら、手がふさがっていても記事が読める「聴く」MITテクノロジーレビューをお楽しみください。

なお、本コンテンツは音声合成技術で作成しているため、一部お聞き苦しい点があります。ご容赦ください。バックナンバーはこちら。感想は@techreviewjp まで。

今週の収録記事

「遺伝子編集ベビー」誕生から3年、実刑の中国人科学者が釈放

フー・ジェンクイ元准教授は、世界で初めて遺伝子編集ベビーの誕生を主導した。その代償として、キャリアを失い、投獄され自由をも失う結果となった。その彼が、最近になって収監されていた刑務所から釈放された。

クリスパー・ベビー事件とは 何だったのか? ストーリーを解読する

クリスパーを用いてヒト胚にゲノム編集を施し、赤ちゃんを誕生させるというタブーを犯した中国の若手研究者、フー・ジェンクイの事件をどのように読み解くかは、遺伝子編集の今後の展望を見極めるうえで重要となる。人類の未来にとって遺伝子編集が持つ意味を探る3冊の書籍の語り口を検証する。

特報:世界初「遺伝子編集ベビー」が中国で誕生、その舞台裏

現在、遺伝子工学で編集した胚の妊娠は、ヨーロッパのほとんどで非合法とされ、米国や中国でも禁止されている。しかし、中国の南方科技大学の研究チームは、HIVに対する耐性を持たせるためと称して、遺伝子編集を施した赤ちゃんを誕生させたことを発表した。

人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  3. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
MITテクノロジーレビュー オーディオ・スタジオ [MIT Technology Review Audio Studio]日本版 オーディオ・スタジオ チーム
MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  3. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る