KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
AudioMook:Will AI drivers reshape the power structure of autonomous vehicles

聴くMITTR:AIドライバーは自律車の勢力図を塗り替えるか

今週のオーディオ・ムック(β)では、AI技術によって完全な自律自動車の実用化を目指すスタートアップ企業の近況をレポートする。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.11.02

グーグル傘下のウェイモやGM傘下のクルーズなどが先行する自動運転の世界で、新興勢力が次々と参入している。共通するのは、従来の3Dマップを使ったロボット工学的な発想から、カメラ映像やセンサーの入力から瞬時に判断する人工知能(AI)的なアプローチを使っていることだ。

今週のオーディオ・ムック(β)では、AI技術によって完全な自律自動車の実用化を目指すスタートアップ企業の近況をレポートする。

MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。家事や運動をしながら、通勤しながら、手がふさがっていても記事が読める「聴く」MITテクノロジーレビューをお楽しみください。

なお、本コンテンツは音声合成技術で作成しているため、一部お聞き苦しい点があります。ご容赦ください。バックナンバーはこちら。感想は@techreviewjp まで。

今週の収録記事

自動運転業界に世代交代、 AI採用の「AV2.0」は 3Dマップ不要で走る

米国の一部で自動運転のロボタクシーの導入が実現したものの、試験段階を超えて普及する兆しは見えない。新世代の無人運転自動車スタートアップはAIを全面的に採用することで、突破口を見い出そうとしている。

ウェイモ、クルーズに挑む 「AV2.0」ベンチャーは 自律自動車の突破口となるか

無人乗用車の開発にはこれまでに膨大な費用と時間が投じられてきたが、実用化は遠い状況だ。最近になり、現在主流となっている手法とは異なるアプローチで、無人乗用車の実用化に取り組むスタートアップが登場し始めた。

超リアルなシミュレーションでAIドライバー教習、元ウーバー研究者

多大な時間やコストがかけられているにもかかわらず、無人運転車はいまだに試験段階にある。元ウーバーの研究チームを率いた研究者が立ち上げたスタートアップ企業は、シミュレーションの精度を徹底的に高めることで、無人運転車の開発スピードを速めようとしている。

人気の記事ランキング
  1. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
MITテクノロジーレビュー オーディオ・スタジオ [MIT Technology Review Audio Studio]日本版 オーディオ・スタジオ チーム
MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る