KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
AudioMook:What was happening online behind the scenes of the Chinese Communist Party Congress

聴くMITTR:中国共産党大会の裏でネットで起きていたこと

今週のオーディオ・ムック(β)では、異例の長期政権が誕生した中国共産党大会の裏で発生したネット上の騒動の中身とその顛末を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.11.23

10月に開催された5年に一度の共産党大会を前に、インターネットではちょっとした騒動が起きていた。出所不明のクーデターの噂が中国語のツイッター・ユーザーの間で瞬く間に広がり、北京での抗議活動の写真をウィーチャットで送信したユーザーはアカウントを停止された。

今週のオーディオ・ムック(β)では、異例の長期政権が誕生した中国共産党大会の裏で発生したネット上の騒動の中身とその顛末を紹介する。

MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。家事や運動をしながら、通勤しながら、手がふさがっていても記事が読める「聴く」MITテクノロジーレビューをお楽しみください。

なお、本コンテンツは音声合成技術で作成しているため、一部お聞き苦しい点があります。ご容赦ください。バックナンバーはこちら。感想は@techreviewjp まで。

今週の収録記事

デモ写真1枚で即「アカバン」、党大会前にWeChatが過剰規制

中国共産党の党大会を前に、中国政府に対する抗議活動の写真をウィーチャットに投稿した中国人ユーザーのアカウントが相次いで停止された。あまりにも厳しい措置に、ネット上では救済を求める投稿が相次いでいる。

中国テック事情:WeChatアカバン騒動、スーパーアプリの弊害露呈

共産党大会を前に発生したウィーチャットのアカウント停止騒動によって、あらゆるサービスを1つのアプリで利用できる「スーパーアプリ」に依存する弊害が露呈した。スーパーアプリは利便性が支持される一方、問題点も少なくない。

中国テック事情:「クーデター発生」の噂はいかにして拡散したか

5年に一度の共産党大会を前に、出所不明のクーデターの噂がネット上で話題になった。いかにして些細なニュースが大きなデマに変化するのか、その過程を分析すると興味深い。

人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
MITテクノロジーレビュー オーディオ・スタジオ [MIT Technology Review Audio Studio]日本版 オーディオ・スタジオ チーム
MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る