KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Remembering Mildred Dresselhaus

追悼:ミルドレッド・ドレッセルハウスさん
(MIT名誉研究教授)

ナノ科学の先駆者であるMITのミリー・ドレッセルハウス教授が2月20日に亡くなった。86歳だった。 by Alice Dragoon2017.02.22

ナノ科学の先駆者であるMITのミリー・ドレッセルハウス教授が2月20日に亡くなった。86歳だった。ドレッセルハウス教授は、最初期にカーボン・ナノチューブ製造の構想を打ち立てた科学者のひとりだ。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のL・ラファエル・レイフ学長は「昨日、私たちは卓抜した創造性を持つ科学界と工学界の巨人を失いました。人間的にも素晴らしい方でした」という追悼文をMIT関係者全員に送って知らせた。「ミリー(ドレッセルハウス教授)は「人類初の記録」を数多く打ち立てた人でした。1968年には、女性では初めて終身在職権を持つMITの教授になりました。カブリ賞(天体物理学、神経科学、ナノ科学の3つの分野における優れた研究に対して贈られるノルウェーの賞)の単独受賞者となったのも、女性でアメリカ国家科学賞を受賞したのも、ミリーが最初でした」

MITのドレッセルハウス名誉研究教授(物理学と電子工学、コンピューター科学)は、ナノ材料研究で後代に多大な影響を与えたこと、世界に先駆けてナノレベルでの熱電気効果を研究したこと、導電性材料の温度差から電気を取り出す研究に成功したことで知られる。

ドレッセルハウス教授は、共著で8冊の書籍、1700件以上の論文を発表し、MITで教鞭をとった50年間に60人を超える博士課程の学生を監督し、科学界と工学界の男女平等に飽くことなく精力的に取り組んだ。つい最近、2014年にはオバマ前大統領から大統領自由勲章を受け、科学者として活躍を続けていた(MIT Technology Reviewの2013年の記事「70歳以上のイノベーター7人」参照)。

人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Dominick Reuter
alice.dragoon [Alice Dragoon]米国版 Senior Editor, MIT News
As senior editor of MIT News at MIT Technology Review, I cover some of the most brilliant and interesting people on earth—MIT students, faculty, and alumni. Getting to work on stories about rocket scientists, cancer researchers, entrepreneurs, architects, climatologists, cellists, and every kind of engineer you can possibly imagine puts me in the happy position of being a perpetual student. Before joining MIT Technology Review, I was a senior editor at both CXO Media, where I edited and wrote for CIO and Darwin magazines, and the New England Conservatory of Music, where I was responsible for alumni, admissions, and fund-raising publications. During a brief stint in advertising at Leo Burnett, my hands and feet appeared in a Morris the Cat calendar. Although I come from a family of engineers (including a grandfather who graduated from MIT), I earned a BA in English from Dartmouth College.
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る