1. 生命の再定義
    医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を
    ヒトゲノムの解読に初めて成功してから20年が過ぎ、膨大な量の医療データが利用可能になり、分析ツールが揃ってきたことで、個人ごとにカスタマイズした「適確医療」が現実となる日が近づきつつある。MITテクノロジーレビューの適確医療特集に寄せる、米国版編集長からのエディターズ・レター。 Gideon Lichfield10カ月前
  2. 生命の再定義
    世界を救うのは遺伝子「編集」作物だ
    遺伝子組換え作物の安全性をめぐる対立は、長らく農業の進化を停滞させてきた。新たな遺伝子編集技術は、多種多様な特徴をもった作物を生み出し、農業の世界にイノベーションをもたらすだろう。 David Rotman2年前
  3. 知性を宿す機械
    人工知能についていま、
    考えなければならないこと
    人工知能(AI)に対する脅威がまことしやかにささやかれているが、AIはまだ幼年期にあるに過ぎない。人間が手にする新たなツールが、人間をどのように変え得るかについては慎重に考える必要がある。Brian Bergstein2年前
  4. ビジネス・インパクト
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって、米国版のジェイソン・ポンティン編集長が、選考の背景について説明する。 Jason Pontin3年前
  5. ビジネス・インパクト
    情報格差の是正は貧困対策であり、難しいからと放置できない
    インターネットが利用できないことで貧困から抜け出せず、貧困であるがゆえにインターネットが利用できない。インターネット接続を普及させることは、経済政策でもあり、社会福祉政策でもあるのです。 Jason Pontin3年前