KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
This Asian App Could Blunt Snapchat’s Global Ambitions

韓国製アプリ・スノーはスナップチャットの世界制覇を妨げるか?

日中韓で大人気の画像アプリ「スノー」は、スナップチャットが攻めきれずにいる東アジア市場でスナップの成長を鈍化させる要因になっている。韓国製アプリだが、各国の嗜好に合わせるLINE同様の戦略が功を奏している。 by Yoochul Kim and Elizabeth Woyke2017.03.02

自撮り写真を漫画風のネコに変形させたり、数秒で自動消滅する映像メッセージを友達に送ったりするだけなら、スナップチャットもスノー(韓国)も同じように使える。だが、写真を少し修正したり、肌をきれいに見せたり、アニメーションGIFを作ったり、加工済みの画像を数日間だけ表示したりするのはスノーにしかできない。スナップチャットにはできないことだ。

スノーは機能が充実しており、日本と韓国で一番人気の写真・映像アプリだ。中国でもトップクラスのマルチメディア・アプリで、月間アクティブユーザー数は4000万~5000万人にもなる。もちろん、スナップチャットの規模ははるかに大きい。1日のユーザー数は1億6000万人以上、親会社スナップの新規公開株(IPO)は、テック企業として米国市場で2014年以来の大きな規模になると予測されている。ただし、スナップがIPOに向けて提出した書類を読むと、スナップチャットの成長は減速中だ。特に、スナップチャットの主要市場である北米と欧州以外の地域で鈍化が目立つ。スノーが、スナップチャットの世界的普及を鈍らせる可能性はあるだろうか?

スノーは、タイミング、つながり、消費地ニーズに合わせたきめ細かなカスタマイズを成功の3本柱にしている。2015年9月に「スノー」アプリが立ち上がったとき、スナップチャットはアジア市場で4年先行していたものの、しっかりした地歩は築けていなかった。スノーはわずか5カ月でスナップチャットが未開拓だった韓国を席巻し、日本と中国で普及した。スノーの主要市場は現在、日中韓の3カ国だが、すでに米国を含め、世界140カ国に進出している。スノー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント