KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
気候テック15:MIT発のサブライムはクリーンなセメントを作る
Sublime Systems
気候変動/エネルギー Insider Online限定
2023 Climate Tech Companies to Watch: Sublime Systems and its clean cement

気候テック15:MIT発のサブライムはクリーンなセメントを作る

セメントの製造過程では、大量の温室効果ガスが排出される。MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるサブライム・システムズは、電気化学反応を用いることで、排出を抑えようとしている。 by Casey Crownhart2023.10.25

サブライム・システムズ(Sublime Systems)はセメント作りのあり方を再発明しようとしている。セメントは気候にとってはまさに悪夢であり、世界の温室効果ガス排出量の約8%を占めている。

セメントは水、砂、砂利と混ぜることで硬化してコンクリートになる。コンクリートは水に次いで、地球上で2番目に多く使われている物質だ。

従来のセメント作りの工程では、2つの排出源から温室効果ガスの大半が排出されている。まず、石灰石や粘土といった基礎素材を窯で熱することで1400℃以上に達し、混合が発生する。これだけの高温に達するためには通常、石炭などの化石燃料を燃やす必要があり、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを発生させる。

窯内の化学プロセスにおいても出発鉱物から二酸化炭素を引き剥がすことで、建築業者が使う反応性の良いセメントパウダーが残るようにする必要がある。この二酸化炭素は通常、大気中に放出される前に回収することが難しい。

サブライム・システムズはこの両方の問題に取り組むプロセスを発明した。

まず同社は、セメント作りにおいて高温ではなく電気化学反応を用いることで、化石燃料を燃やさずに済むようにしている。電気を化学反応の動力源とすることで、サブライムの工場はいずれ、石炭や天然ガスを燃やす代わりに、太陽光や風力をエネルギー源として稼働できるようになる。このプロセスでは、セメント原料へと変化する際に必ずしも二酸化炭素 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る