KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
DeepMind’s New Blockchain-Style System Will Track Healthcare Records

ディープマインド、医療記録にブロックチェーン応用

ディープマインドは、医療記録にブロックチェーンを応用し、改ざんや無断使用を監査できるようにした。保健医療分野への進出が進むグーグル(アルファベット)によるデータ蓄積の懸念を払拭する狙いもありそうだ。 by Jamie Condliffe2017.03.10

アルファベット(グーグル)の人工知能系子会社ディープマインドは、ブロックチェーン型システムの開発を計画中だ。新システムは、患者のあらゆるデータがどのように使われたのかを詳細に追跡する。

保健医療分野での事業を急拡大させているアルファベットは同社が「検証可能データ監視(Verifiable Data Audit)」と呼ぶツールを年内に構築予定だ、と発表した。誰がどんな目的で医療記録を使っているのかを病院(将来的には患者も)が正確に把握できるようにするのが目的だ。

ブロックチェーンのように、過去の出来事を正確に記録するため、ディープマインドは暗号数学を使ったシステムを開発する。システム内のデータの一部が使われるたびに、過去の全ての操作に基づいて新たなコードが生成される仕組みだ。たとえば、何かの事情(医療ミスの証拠など)で、あるデータを使った事実を隠蔽するために、ユーザーの誰かが以前の記録を後から更新すると、その操作以降の全ての記録は意味不明となり、不正がすぐに判明する。

開発中のツールは、ザ・ロイヤル・フリー・ハムステッド病院(ロンドン)など、ディープマインドとすでに協力関係にある複数の英国の病院で試験導入される。ディープマインドによれば、病院職員は医療記録がディープマインドでどう利用さ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント