KADOKAWA Technology Review
×
In Africa, Scientists Are Preparing to Use Gene Drives to End Malaria

遺伝子ドライブによるマラリア蚊絶滅計画がアフリカで準備中

遺伝子ドライブで蚊を種ごと絶滅させ、マラリアを根絶する計画が進行中だ。しかし、取り返しのつかない事態を招きかねず、さらに地元住民はマラリアの原因を蚊とは思っておらず、実現には至っていない。 by Michael Reilly2017.03.16

A volunteer tests a decidedly lower-tech weapon against malaria - a soap called "Faso Soap" meant to repel mosquitoes.
明らかにローテクなマラリア対策(蚊を撃退する効能がある「ファソ・ソープ」石鹸)を試験するボランティア 

ブルキナファソやマリ、ウガンダでは、強烈な実験の下準備が進んでいる。現在準備中のプロジェクトのひとつでは、遺伝子をプログラムした蚊を実験室の外に放ち、自らの個体群やマラリアを伝染させる同類を絶滅に追いこむことが目的だ。

MIT Technology Reviewが昨年報じた通り「ターゲット・マラリア」計画は、遺伝子ドライブでサブサハラ(サハラ以南のアフリカ)地域でマラリアを伝染させる蚊の個体数を激減させることが目的だ。サブサハラでは、年間何十万人もがマラリアで亡くなっている。しばらく前までは机上の理論の域を出ない発想だったが、すでに遺伝子ドライブで遺伝子を組み換えた蚊を実験室内で繁殖させて実験中の段階なのだ。

基本的な考え方は、いわゆる「利己的な遺伝子」として最終的には種を滅亡へ至らせる形質を遺伝子編集で組み込み、通常よりはるかに高い確率で遺伝子を自己複製させ、あっという間に拡散させてしまうことだ。ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が資金を援助しているターゲット・マラリアは、遺伝子ドライブを活かす方法を複数探っており、中でも遺伝子を変異させ、次世代の蚊をほぼオスだけにするよう操作する方法は、もっとも有望(オスの蚊は人間の血を吸わないし、メスがほとんどいない個体群は生殖できなくなる)とされている。

遺伝子ドライブによる昆虫を屋外に放つまでの道のりはまだまだ遠いが、計画は先行して進んでいる。テクノロジーを進歩させるのとは別に、現段階で最大の課題は、地元住民に研究の性質を理解してもらい、何が重要なのかを理解してもらうことだ。米国のオンラインメディア「スタット」の記事にあるとおり、ブルキナファソには、マラリアの原因を蚊に噛まれることより、粗悪な食習慣にあると信じている人が多い。研究者は、マラリアの仕組みとターゲット・マラリアの役割について地元の人に知ってもらう活動の一環として、地域に足を運んでいる。

生態系に与える結果については、ほとんどわかっていない。サブサハラ地域でマラリアを伝染に関わっているのは、ほとんどの場合3種類のハマダラカだ。ターゲット・マラリアはガンビエ・ハマダラカに的を絞り、個体数を激減させるか、絶滅させることを目指している。わかっているだけで約3500種の蚊がいるのに、1種類を絶滅させたところで大して意味がないようにも思えるが、前人未到の計画であり、一度野に放ってしまえば、他の種に形質が伝播し、取り返しのつかない事態に発展する可能性もある。

マラリアは長く続く、死に至る病気であり、世界中の何百万人ものQoL(生活の質)に悪影響を与えているのは周知の事実だ。遺伝子ドライブは、ハワイの珍鳥の個体数の減少からニュージーランドでの肉食哺乳類の激増対策まで、数多くの環境的異変を解決する方法のひとつとして提案されている。遺伝子ドライブが自然界にどう作用するかについての疑問点は数多く残ったままだが、もちろん科学者は遺伝子ドライブの活用には慎重な姿勢を示している。しかしマラリアは地球の公衆衛生の点で最大の脅威のひとつだ。人類にマラリアを撲滅させる力があるとすれば、一番肝心な問いは「なぜ使うべきでないのか?」でなければならないはずだ。

(関連記事:Stat, “The Extinction Invention,” “With This Genetic Engineering Technology, There’s No Turning Back,” “遺伝子ドライブによるネズミの根絶は、自然保護といえるのか?”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Nabila El Hadad | Getty
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る