1. 生物のDNAを組み替えて、繁殖時に特定の遺伝子を拡散させる「遺伝子ドライブ」を巡って、マラリア蚊撲滅を目指すビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などから資金提供を受けている研究者たちと、環境保護団体との間で対立が高まっている。環境保護団体は国連の場でフィールドテストを世界的に禁止するように求めていく考えだ。 Antonio Regalado6年前

  2. カリフォルニアのサクランボに被害を与える外来種のミバエを、遺伝子ドライブで駆除しようとする計画が持ち上がっている。遺伝子ドライブはいったん野に放たれたら止められなくなる恐れがあり、市民団体からの抗議も考えられるため、関係者たちは慎重に事を進めている。 Antonio Regalado7年前

  3. 遺伝子ドライブによるマラリア蚊絶滅計画がアフリカで準備中
    遺伝子ドライブで蚊を種ごと絶滅させ、マラリアを根絶する計画が進行中だ。しかし、取り返しのつかない事態を招きかねず、さらに地元住民はマラリアの原因を蚊とは思っておらず、実現には至っていない。 Michael Reilly7年前

  4. 遺伝子編集でメスのネズミを根絶する「ミッキーしかいない世界」は、固有種を外来種から守る自然保護といえるのだろうか。それとも自然保護の名を借りた根絶計画に過ぎないのだろうか。 Antonio Regalado7年前

  5. 非営利団体と企業は、デング熱とジカ熱との戦いのレースをしているのだ。 Antonio Regalado8年前

  6. 遺伝子流出による生態系崩壊を特許制度で防ぐ方法
    特許を利用して、実験室での遺伝子編集の作業を公開し、精査しようと、CRISPRの開発者が提案した。 Antonio Regalado8年前

  7. ゲイツが蚊の根絶に出資
    反対の環境保護団体も
    特定の種を根絶させる「遺伝子ドライブ」を巡って、環境保護運動が引き裂かれている。 Antonio Regalado8年前

  8. ケビン・エスベルト(MIT)
    新しい遺伝子編集手法を開発中の科学者は、その潜在的な危険性も警告する。 MIT Technology Review Editors8年前

  9. 禁じられたテクノロジー
    聞いてはいけない7つの質問
    セックスロボット、気候操作、真の医療費など禁じられたテクノロジー7つがリストに入った。 Antonio Regalado8年前