1. グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
    アルファベット(グーグル)の医療系子会社ベリリはカリフォルニア州で、バクテリアの一種であるボルバキアで不妊化した蚊2000万匹の放出を始めた。ジカ・ウイルスやデング熱を媒介する蚊の個体群を減らすのが狙いで、同種の野外実験として米国史上最大規模となる見通しだ。 Emily Mullin7年前

  2. 遺伝子ドライブによるマラリア蚊絶滅計画がアフリカで準備中
    遺伝子ドライブで蚊を種ごと絶滅させ、マラリアを根絶する計画が進行中だ。しかし、取り返しのつかない事態を招きかねず、さらに地元住民はマラリアの原因を蚊とは思っておらず、実現には至っていない。 Michael Reilly7年前

  3. レーザー光線で
    柑橘類を害虫から守る
    「光学フェンス」
    カンキツグリーニング病(黄龍病、HLB)を媒介するミカンキジラミをレーザー光線で撃墜する「光学フェンス」の実験が今夏始まる。フロリダではオレンジの収穫量が減っており、殺虫剤や木の交換に多額の費用がかかっているだ。 Tom Simonite7年前

  4. 非営利団体と企業は、デング熱とジカ熱との戦いのレースをしているのだ。 Antonio Regalado7年前

  5. グーグル関連企業 ジカウイルス撲滅に蚊を量産
    グーグルは、ジカウイルスの拡散防止のため、どのように蚊を育てているのか。 Antonio Regalado8年前