KADOKAWA Technology Review
×
未来の職種:格差是正に挑む「気候衡平性スペシャリスト」の仕事
Coourtesy of Nancy Brown
Job title of the future: Climate equity specialist

未来の職種:格差是正に挑む「気候衡平性スペシャリスト」の仕事

人々の経済的な格差が地球温暖化問題に対する脆弱性の格差に直結していると考えるナンシー・M・ブラウンは、「気候衡平性スペシャリスト」としてのキャリアを追求し、不平等な世界における気候問題対策の正義のあり方を実現しようとしている。 by Avya Chaudhary2024.04.10

私たちの世界は炭素格差を反映しており、人口の最も裕福な層である10%が実質二酸化炭素排出の半分を占め、最も貧しい層である50%が気候危機の矢面に立たされている。

このような気候格差はあまりにも極端であり、疎外されたコミュニティは、激甚災害によって避難生活を強いられる可能性が約5倍も高い。このような認識の高まりから、ナンシー・M・ブラウンは「気候衡平性スペシャリスト」としてのキャリアを追求するようになった。

「今、私たちが人々に提供しているのは、データと科学と専門用語だけです。これを変えなければなりません」。

成長を続ける多面的な役割:ブラウンは、炭素削減とクリーンエネルギー戦略の実施を専門とするエナジー・ソリューションズ(Energy Solutions)で、公共施設や政府・民間部門の他のクライアントと連携し、低所得世帯がソーラーパネルから低燃費タイヤまで幅広い技術を導入できるよう支援している。コストの障壁を取り除くためにリベート・プログラムを設け、技術専門家と協力して家庭への設置や基本的なメンテナンス方法を指導している。

ブラウンはまた、地方自治体や州政府と協力して、気候変動に対応した建築基準や、圧縮空気システム、冷凍庫、変圧器などの業務用機器のエネルギー効率基準を策定している。新しい規範や基準、格付けは通常、官僚的なハードルに直面し、建材メーカーやデベロッパー、住宅所有者の賛同を得るのに苦労する。こうした状況を改善するため、ブラウンは定期的なウェビナーや対面式の社員研修、コンプライアンス追跡調査の開催を支援している。こうした取り組みを通じて、エナジー・ソリューションズは2025年までに北米で6400万トンの温室効果ガス排出を削減することを目指している。

キャリアの軌跡:「私は園芸をしながら育ち、科学と政策立案が交わるところで働くことを常に考えていました」と、ブラウンは言う。ジョンズ・ホプキンス大学で環境科学の修士号を取得し、その後、アメリカ海洋大気庁とフロリダ州ブロワード郡の気候保全課で働いたことが、真の「社会環境科学者」になる一助となった。

矢面に立つコミュニティとの関わり:ブラウンが関わっているコミュニティの多くは、気候変動がもたらす影響を心配している。「私たちは、歴史的に搾取され、無視されてきた人々と協力しようとしているのです」と、ブラウンは言う。「プログラムの成功とは、彼らが意思決定で発言できるような機会を作るということです。ワークショップを数回開くだけでは十分ではありません」。

ブラウンは次のように付け加える。「彼らが現在の状況から抜け出すために、現実的で草の根的な解決策が必要なのです。今、私たちが人々に提供しているのはデータや科学、専門用語だけです。これを変えなければなりません」。

しかし、その変化を起こすには、データに基づいた衡平で包摂的なアプローチが必要になる。特定のプログラムに適したグループを特定するために、ブラウンは公式の貧困の数値を、歴史的な権利剥奪、生活費、民族性、疾病負荷、身体障害などの社会経済的要因に関する情報で補足している。これは、「よりクリーンな未来をすべての人に」提供するための戦略の一部だという。

人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. Promotion Announcement from the MIT Club of Japan お知らせ:日本MIT会、全国5カ所でSTEAMワークショップ
  3. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  4. Google’s Astra is its first AI-for-everything agent グーグルが「Astra」発表、AIアシスタントからエージェントへ
avya.chaudhary [Avya Chaudhary]米国版
現在編集中です。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. Promotion Announcement from the MIT Club of Japan お知らせ:日本MIT会、全国5カ所でSTEAMワークショップ
  3. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  4. Google’s Astra is its first AI-for-everything agent グーグルが「Astra」発表、AIアシスタントからエージェントへ
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る